読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スワンワンダラーⅡ’turbo

山岡死LAWの自由帳的な何か。

なごパフォ4お疲れ様でした&自分のパフォについてセルフ解説

 久しぶりのブログですと言うか、なごパフォ3以来の更新です。イベント毎にしか更新されないうんこブログです。

 

 昨日は楽しみにしていましたDDRパフォ大会、「なごパフォ4」でした。

 

 いやー・・・

 

 すごい数でしたね!!!

 

 述べですが全部門で参加者数68組。多いわ!!開催時間6時間くらい?どこのKOFDだよ!

 恐らく東海圏では大高レジャーランドの東海フェスタ以来の規模ですね、ってSAKEさんあみがんさんくらいしか分からんか・・・(※10年以上前のDDR大会。エントリー82組)

 

 主催のりりぃさんよく頑張ったね。スタッフの皆様もお疲れ様でした。そして参加者の皆様も本当にお疲れ様でした。

 正直観覧だけでも結構体力使って(笑)、あ、悪い意味じゃないですよ!心地よい疲労感的なヤツです!大会終了後階段脇のレストスペースで次男長男と燃えカスみたいになってグダッってたら、CYBER君が話しかけてきてくれて、

「山岡さん、これブログ書くの大変ですね」

 

うわあああああああああああああホンマやああああああああ

 

今回は佐藤ハルヲさんが来られなかったのでレポはふじひささんの読めばイイっしょとも言えないし。でも何よりこの参加者の量をレポートするのは大変過ぎないかしら?

 あー、あの、きっと書きます。いずれ。いずれね・・・(逃げ腰)

 ただ自身の着替えとか準備の為一部のパフォが見れて無いので動画がアップされてからの作業になります。それは勘弁して下さいね。

 

 さしあたり、他の方のパフォについては後日語るとしまして、自分のパフォについてさっくりお話をしておきましょう。

 今大会では2つネタを披露しました。

 ・レギュラー部門の「puzzle」(シングルベーシック)

 ・おくりもの部門の「burnin' the floor」(ダブルEDIT)

 

 まず「puzzle」につきまして。以前の記事で作りかけてたけど難航して座礁してたと書いていたのですが、一念発起して何とか仕上げてみました。

 パフォーマンスをするにあたり、最初に大事なのは、「己を知る」事だと思います。

 自分に出来る事、正確に言うと自分に出来そうな事を知るのが肝要です。その上で自分に出来そうな事を広げていく努力も必要ではありますが。

 自分に出来ない事をやろうとして筐体に上がってもほぼ間違い無く爆死します。長年DDRパフォ見てきて死ぬほどよく分かりました。

 正直ガチなダンスのスキルは乏しい、踏む能力はりりぃさんやマイク君を始め最近のパフォーマーさんにはとても敵わない、山岡死LAWなりに出来る事。

 ・・・・・・少なっ!!俺に出来る事少なっ!

 結果的に譜面はベーシックになり、振り付けはあのような感じになり。それでも気をつけたところがあります。

 とにかく分かりやすく。見てくれた人が「山岡はこう言う事がやりたい」と言う意図を理解し易くする事に注力しました。

 言うなれば、「パフォの浸透圧」。

 鳴神さんの圧倒的なスキルによる凄みやりりぃさんの類稀なるモチベと練習量による凄みを「味わい」とするなら、ウチは「浸透圧」で勝負じゃーおらおらー。

 まぁ張り合う為にパフォしてるんじゃないんでアレですが。「DDRパフォ楽しいし見てる人も楽しんでもらえたらなー」がウチのポリシーです。

 日本少年の曲って魅力が分かりやすいと思うんですよ。それを伝える為に。

 コンセプトはジャニーズ的男性アイドル、歌っているかのようにパフォる。これに尽きます。

なのでややこしい動きは意図的にしてません。伝わりやすさの為にシンプル化し過ぎて優勝を狙えるようなパフォにはなりませんでしたが、あんだけ(レギュラー部門40組)多けりゃ狙っても無理でしょ、結果オーライ(ヘタレ)。なんばーあわんにぃーならーなくーてもーいいー、もっともっとーとーくべーつなー、おおーんりぃーわぁーん♪

 サビの「パズルのピースを埋め込むみたいに」のところでパズルのピースをぽーんと上空に投げてキャッチして自分の胸に閉じ込める振付を思い付いたのが大会1週間前でヒヤヒヤの出来映えでしたね(震え声)

最近のトレンドとしてフルコンボも目指してたのですがなかなかMissの1~2が減らなくて本番もその通りのスコアでした。仕事の忙しさにかまけて練習不足でした。これは反省。

 以下余談。小道具のマイクをドンキホーテで買ったのですが、何も考えずに黒いマイクにしまして。でもよく考えたらなごパフォ会場の大須アーバンは照明暗いし、黒いグローブしながら黒いマイクだと同色で余計に何持ってるんか分かりにくいよなぁと気付き、慌てて大会前日に銀色のマイクを改めて買いました。628円損しました。

 

次に、「burnin' the floor」。久々に暴れてみました。

部門が「おくりもの部門」と言う事で、当初のレギュレーションとしては「DDRX1以前のバージョン」でしたので、まぁ昔のアホネタでもやるかーと。本当は「I believe in miracles」をやりたかったのですが近作に収録されていないので断念。出来る曲を探したところPSSP2003のバーニンならなんとかなるかなぁよしやるかおっしゃー。参考に枝豆さん動画のバーニン:http://www.youtube.com/watch?v=5c9cxdxxo48&list=PLE49414BE002FA43C&index=8

 ただひとつ、困ったことがありまして、このバーニンinPSSP2003、事前に審査員でNAOKIとTaQが来ると言うのを聞いていて、それにちなんでNAOKI曲でTaQストイックをやるというのをベースに考えたネタでして、今回なごパフォでそんなんやってもお客さんポカーンやろうなぁと。どうしたもんかと思案しつつ三重県伊勢朝日町のジョイプラザあさひで練習中、店内オブジェで、天井から浮き輪とかスイカのビーチボールが吊り下げられてたんですよ。

 それを見て、ピピピンと閃きました。

 スイカ割り・・・バットがあれば・・・しかも夏らしくて最適・・・!

 翌日ダイソーに向かいました。バットにビーチボール(スイカ柄)、揃いました。

 結果ネタ本編通して一番の見せ場になったのかなぁと。しかしまぁ、途中で白鳥帽子は取れるわ靴は脱げるはでムッチャクチャでしたね。本番何やったかよく覚えてないんですよね(笑)

 X以降のパフォーマーさんってある種DDRを真面目にやり過ぎてますよね。もっと無茶苦茶やっていいんだよって言うのが山岡からの「おくりもの」です。と綺麗にまとめてみました。自画自賛。

 また余談ですが、バットとスイカ柄ビーチボールを、そのままむき身で行ったらプレイ前にネタバレしちゃうよなぁと思い袋に包んで行ったのですが、袋が一重だと透けて中身が見えるので3重にして持っていったと、大会終了後長男に話したら、「パフォの内容に対して仕事がムダに細か過ぎる!」ってツッコまれましたとさ。

 

 自分ネタについてはこんな感じですかね。練習時間の取れなさに終始四苦八苦しましたが、なんとか終えることが出来て一安心しました。長時間観覧したのもありますが大会終了後の疲れ方は尋常じゃなかったです。次男に至っては開始前の昼1時からわずか6時間で5歳は老け込んだかのような疲れ顔でしたし。

 

 もう一度改めまして、皆様お疲れ様でした。

 

 またいずれレポート日記でお会いしましょう。

 

 またいずれ、ね。