スワンワンダラーⅡ’turbo

山岡死LAWの自由帳的な何か。

まったりとPSSP2018感想文その7

 めっきり秋めいて参りました皆様如何お過ごしでしょうか山岡死LAWです。

遅ればせながら先日開催されました「パフォフェス29」の動画を一通り見させて頂きました。いつも枝豆さん動画有難う御座います。永遠にお礼を言っていくスタイル

 PSSPとは違ってある意味攻めたパフォも多数見られ堪能させて頂きました。あと当ブログでも激推し致しましたジョンソンが完全に愛されてて感動しました。

 と言う訳でテンションの上がってるうちに感想文の続きを書いていくとしましょう。

 

26.さぼてん

www.youtube.com

・8.148点

・9.5点~5.0点

・全体8位、シングル6位

 

 素晴らしいです

 あまりに素晴らしすぎてほぼ毎日動画で見てます。

 PSSP2018動画ではぶっちぎりに一番多く視聴してます。

 衣装、振り、曲の解釈、譜面の取り方、全部大好きです

 この感想文を書くにあたり、書きたいんだけど憶測だったり分からないことがいくつかありました。例えば衣装は既製品なのか自作なのか、とかとか。

 適当ばかりで信ぴょう性が乏しくても沽券に関わりますし、さりとてスルーする訳にも。山岡は困りました。

 うーん。

 そうだ、分からないことは聞けばいい。

 

 と言う訳で、このPSSP感想文を書くにあたり初めて、

 さぼんさん本人にツイッターのダイレクトメッセージで質問しちゃいました。

 完全に不審者まがいの不躾なDMだったにもかかわらず、さぼんさんはメッチャメチャ丁寧にご返答下さいました(これでまた好感度アップしました)。

 

 ご本人の許可を得て引用させて頂きながら以下書き進めて参ります。

 

 まず今回のさぼんさんの衣装がめちゃめちゃ良かったです。

 

「エイリアンエイリアン」と言う曲で、何と言いますかこう、宇宙感と近未来感がありながらキュート。LED電飾が光るギミックもベリーグッドで、曲と衣装の必然性は今大会一番であったと思います。ベストドレッサー賞

 と言う事でちょこっとさぼんさんご本人にお伺いしてみたところ、

f:id:yamaoka_shilaw:20181014163838p:plain

丁寧な文章・・・!

 すごいですよ、衣装の下準備に一週間で御座いますよ。山岡なんて白鳥パンツ切ってシャツに「伊藤文」って書いただけです。多く見積もっても小一時間です。

 

 服に関してはアマゾンでご購入され、パフォ中見所であった電飾はご自分で縫い付けたとのことでした。 

f:id:yamaoka_shilaw:20181014165142p:plain

見てみますと、ただ縫い付けただけじゃなくそのデザインもいいですね。動画で見る感じですが脇のあたりにON/OFFのスイッチがあるのかな?

 このLEDですが、今大会の会場が結構暗めだったのでとりわけキレイに見えますね。

 あと山岡が中年なせいもあるんですが、どうしてもピンクレディーとか昭和のアイドルを思い出しますねw いい意味で懐かしさがにじみ出てます。

 (余談:ピンクレディーとか試しに画像検索したらサテン系でつるつるつやつやどころかスパンコールギラギラでもっと派手派手でしたw 昭和すごいw)

 

 そんな衣装だけじゃなく、髪形もキャラクターを意識されてますよねきっと。ぴょこんとお団子(?)が結わえられていて触覚のようです。まさしく「エイリアン感」が出ています。

 

 とまぁ見た目が1億点満点な訳ですが、外見だけじゃなくパフォの中身も素晴らしいです。

 

 入りがまずピンクレディーのUFOですね。手を水平に振るところと、0:11~0:14の腕を胸の前で組んで足をぴょこーんと上げるとこ。同じ曲でパフォした揚げ出し豆腐さんもUFO取り入れてましたし、この曲でパフォするとなるとこれはやはり正着でありましょう。

 

 0:16のちょうど筐体のセンターに来てぴょんとジャンプする時の表情がまたいいですね。大きく開いた口が楽しげで明るいですし、あとちょっとガニ股なのも珍妙でいつつ可愛いと言いますか。

 そう、随所でガニ股スタンスなんですけど、これがまたコミカルでエイリアンっぽいし、意図的にスマートにしてないのがキャラ立てに一役買っているように見えました。

 

 0:19~0:20の「篠突く雨」のところの腕を伸ばして上下に動かすところがこの曲冒頭の歌詞からも見える振れ出し揺れ動く心情を表しているように見えました(勝手な感想)。っていうか腕長いなー!w さぼんさんやっぱ見た目が高身長スレンダーなんで手足が長い!こういう振りで動きが人一倍映えますね!

 

 0:22~0:23の「感覚のテレパス」のところ、下下上上って譜面に合わせて今度は足をぴょこんぴょこん。これまた可愛いです。

 そのまま譜面の流れ通り1P側から2P側へ移動して0:28。腕をウェーブさせてからの右手がピコンと。とてもキレがいいです。

f:id:yamaoka_shilaw:20181014183858p:plain

これまた腕が長い

 そこからぴょんぴょんぴょんと振り向いて、冒頭のUFOルーティンをもう一回。そして0:35で投げキッスご褒美を頂戴致しました。有難う御座います。満開ちゃんの歓声がうるさいw(誉め言葉)

 

 0:38の「ツギハギの制服」のところ、足運びが面白いなぁと思います。「右→上→下→左」ってDDRのベーシック譜面ではよく見る流れなんですが、普通足も右足左足を交互に踏むのがほとんどなんですけどね。左足→ジャンプ(上下)→右足→左足と確実に振付主導の足運びです。で、そっからの0:40で両腕をスイングして体の向きを変えるところがまたかわいいです。

 センターに来ての0:43のポーズ、とってもキマッてます。サムネにしたいくらい

f:id:yamaoka_shilaw:20181014190006p:plain

サムネ候補

 0:45の「赤色にキラキラ」。手でちゃんと「キラキラ感」を出しててこれまた可愛いです。それにしても左足の足さばきが上手いですね。左利きなんかな?と思うくらい。からの0:47のびっくりした表情が歌詞とマッチしていていいですね。まさしく「ナニカが起こる胸騒ぎ」を感じています。

f:id:yamaoka_shilaw:20181014190845p:plain

ドキがムネム

 0:50の「胸騒ぎ」のところもちゃんと歌詞ハメされた振りなんですよね。ニクイw で筐体中央でぴょんぴょんしながら多分ここで電飾のスイッチを入れているのかな?からのサビです。見所の電飾をしっかり一番の見せ場で持ってきてます。良。

 

 でですね、0:55~0:58のサビの振付。この後も何度か出てくる振付ですがこれメチャメチャ良くないですか!!??ベリーコミカル、アンドベリーキュート!ここの振付が一番印象に残りました。サビが一番印象度高いってやっぱり構成的には大正解ですよねうんうん。

 

 で1:01。パンパンのところ、いわゆる合いの手ゾーンですね。

 

 ん?

 

f:id:yamaoka_shilaw:20181014192651p:plain

これは・・・!

  まさかの火雪シャイニーだというのでしょうか。

 この大一番で火雪シャイニー。

 いやよもや、まさかな・・・と思いながらもさぼんさんには「なごパフォ7」で前科があります。(参照:なごパフォ7 Regular_25 さぼん / sabon - YouTube

f:id:yamaoka_shilaw:20181014192646p:plain

前科1犯


 でも「火雪シャイニーキタ━(゚∀゚)━! ウヒョヒョフォカヌポゥwww」とか勝手に盛り上がってもご本人が意図してなかったら死ぬほど恥ずかしいなと思いましたので、これまたご本人に直接聞いてみました。

f:id:yamaoka_shilaw:20181014193501p:plain

満点のお返事

 どう見ても火雪シャイニーです有難う御座いました。ご本人の口からファイナルアンサー頂戴しまして胸のつかえもスッキリ日本晴れで御座います。 というか「あの手拍子をやりたくてエイリアンを選曲しました」って選曲のスタート地点が明らかに異常です(笑)。いやいや、この熱意に敬意を表します。

 更にさぼんさんはその後のDMのやりとりでも「火雪さんのパフォを見てパフォーマーになったこともあるので好きです(笑)」ともおっしゃっており、関東系パフォーマーの火雪君の影響力にも驚かされました

 

 話をパフォ本編に戻しまして、1:06~1:07の「トキメキ」がいいんです、ここ猛烈に加点ポイントでした個人的に。胸元でハートのサインを手で作ってそれが欠ける様なアクション。

 「エイリアンエイリアン」って電波っぽいですけど、歌詞を紐解くといわゆる片思いソングで、そのドキドキしながらもまだ両想いに達してない感がこのアクションで過不足なく伝わってきます。

 ここしかもこの足の動きで矢印取ってるんですよね。テクい。

 

 でそこからサビ振り。そしてシャイニー手拍子。これ最悪火雪シャイニー知らなくても滑稽な手拍子の仕方なんで世界観壊してないですよね実際。火雪君知らない層も計算して仕込んだのかな、だとしたら相当な策士です。

 

 で1:16の「あなたに未体験あげる」の「あげる」のところ、これまた歌詞にピッタリハマってます。

f:id:yamaoka_shilaw:20181014200135p:plain

SO CUTE.

 やっぱこういう来てほしい所で望んだ振付が来るとニヤニヤしちゃいますねw 歌詞ハメしやすいのはやっぱり日本語ボーカル曲でのパフォの最たる強みでありましょう。そう考えるとその最たる強みを無視したり超越したりした「SAKEあやかしかくし」はやはり称えられるべきですね。

 

 そして1:20~1:21あたりのロングフリーズ。この曲唯一のフリーズアローですね。ここでもさぼんさんは普通には踏みこなしません。

 UFOの振りよろしく、頭に手をのせてそのままゆっくりしゃがみ込み、頭上の手をギャラリー側へ差し出しながらゆっくり立ち上がります。特筆すべきはこれだけのアクションしてもフリーズが途切れない所です。

 かがんで立ち上がる屈伸、腰からひねって体の向きも変わってます。でも右足でしっかりパネルを押す意識が見られますし、上体は地面に対して常に垂直で全くブレていません。なので繋がるのです。

 

 で、1:22~1:26。さぼんさんが大会終了後自身のツイッターで「振りが飛んだ」と言う旨の書き込みをされており、それはどこじゃろと思い動画で確認しましたらばここでした。マニアの方は枝豆さんの動画を是非ご確認ください、途端に腕が縮こまり、表情からは「やばっ」って感じがうかがえます(苦笑)。

 さぼんさんも「初めてパフォ中に振りが完全に飛びました」とDMでおっしゃってました。って言うか「初めて」かよ。どんだけ練習してるのよ毎回w

 また、「振りが飛んだようには見えなかったと何人かに言われましたが素直に喜べずちょっと複雑」なんて事もDMでおっしゃってました。

 

 なので、全力でフォローします

 

「振りが飛んだように見えなかった」のは「振付がしっかりできていた」ところと「振りが飛んだ」ところの差異があまり無かった、即ち「振付が見栄えしてなかった」と言う意味ではありません。全然ありません。

 普通、振りが飛べばパニック状態、足も止まるのです。

 でもさぼんさんは飛んでいる最中もコンボを繋ぎました

 脳からの譜面のアウトプットは途切れたかもですが、足下の意識は繋ぎ留めました。考えられない事です。「体が覚えていた」と言うやつでしょう。

 パフォ全編通してみた後でも悪い印象として残りにくい、致命傷を避けたどころかカスリ傷で済ませました

 

 DDRパフォを背面でしたことがある方ならこれがとても難しい事であるのがきっとお分かりでしょう。振りが飛んでしまえばもっと露骨に顕在化します。なかには長男のように「振りが飛んでいる間にちょこっとパフォをする」ような人もいます。(参照:[なごパフォ5 3] 長男 / Chounan - YouTube

 

 で、パフォ中最大の危機を乗り切ったさぼんさん、その後がすごいんです。

 

 1:32で挨拶代わりの膝打ち。そこから1P左を2回膝で押した後です。

 

 1:34~1:35。ここの「1P上→1P右→2P左」の3つ。手で押してから左膝→右膝で押しながらターンしてます。 うまい!

 

 さらに1:36~1:38。畳みかけてきます。2P下を2回膝で押し、そこからのパネル中央矢印3つが激ヤバで御座います。膝で押しつつクリンとターンして片膝ついた状態で3つ目の矢印は踏んでます。 うまい!(2回目)

 

 この約6秒間。怒涛の膝パレードです。これには関西の膝神WIZも見たらきっと満足でしょう。満足?いや、満膝か?

 

 曲的にもここがラップパートなんですね。音の印象がガラッと変わるところで、それまでのさぼんさんの踏みこなし方とはあえて全く違うスタイルを持ってきているので、パフォとしてバラエティが豊かになっていますし奥深い物に昇華されています。

 

 んで更にここからギャラリーに背中向けたまま分からないように2個目の電飾スイッチを入れて大サビでギャラリーに向くという。しゃがみパートの終わり、立ち上がりつつスイッチオン、振り向いたらピッカピカ。展開が完璧です。やはりここ、ギャラリーも湧いてます。

f:id:yamaoka_shilaw:20181014212740p:plain

ピカ☆ピカ!

 さあ、ここから大サビ、ラストスパートです。サビの振り、シャイニー手拍子再び。この繰り返しも心地よいです。

 

 1:52~1:53の「ときめく心には届かない」のところ、振り返るところでちゃんと手をクロスしてバツ作ってるんですよね。「届かない」で否定のバツのサイン。良いです。

f:id:yamaoka_shilaw:20181014212737p:plain

見逃せない一瞬

 あと、サビの振付はくりかえしなんですけど、その手拍子直後の1:01「交ざり合う」と1:14「あなたに」と2:00「あなたは」のところ、同じ振りにせずバリエーション豊かにパターン変えてるんですねぇ・・・巧みです。

 

 で、その後の2:02、「あなたは未確認生命体」のところのポーズがまた未確認生命体感出てますしかわいいです。

f:id:yamaoka_shilaw:20181014212733p:plain

未確認生命体

 で、その後の2:03~2:05の、未確認生命体ポーズをベースにぴょこぴょこ踏むのが異世界の果てまで好きってくらい高鳴る気持ちが抑えられない高揚感を表現してます(個人的にはそう思いました)。

 

 さあ最後です。2:08のシメポーズ。しゃがみながら腕で大きく作られたハートのサイン。フィニッシュに相応しかったです。っていうかこの足をクロスしてしゃがむのムズくないですか?山岡はデブ&体固いから絶対できないんですけど。

f:id:yamaoka_shilaw:20181014214052p:plain

ハートマーク

 上の画像見てもらうとわかるんですけど、いい笑顔ですよね。でしゃがんでるから筐体の画面がよく見えるんです。画面に大きく表示されたPVの「好き」の文字とさぼんさんのハートのポーズが完全にマッチして一枚絵として完成されてます。これもサムネ候補や!w

 

 と言う訳で、フルコンボさえ逃したものの、切ったのは1:59のたったの1か所のみ(動画で見る限り覚え違いというよりは踏みそこないのように見えました)。AランククリアとDDRとしても素晴らしいパフォでした。

 

 ツイッターでもおっしゃってましたがコンボ切ったのはやはり悔しいらしいです。スコアの画面を見てちょっとがっかりされてるのがうかがえます。でもそのあと気持ちを切り替えてギャラリーに一礼、そして2:20のバイバイと手を振るのがトドメに強烈にかわいいです。

f:id:yamaoka_shilaw:20181014214047p:plain

おわり

 完全にアイドルの所作でした。ありがとうございました。

 

 と言う訳で、かれこれ6000字近くさぼんさんのエイリアンパフォについて感想を書いてきた訳ですが、本当に素晴らしいパフォでした。

 

 曲から広がるイメージの具現化と、そのトータルパッケージングは今大会ピカイチでした。あと、さぼんさんの振付って、常に背面じゃないんですよね。画面も向くし、左や右も向く。今大会はほぼ3方向ギャラリー及び審査員がいらっしゃったので、このずっと正面に正対していない自由さが、同じ曲を選んだ揚げ出しさんとは点差としても現れてしまったかなぁとも感じました。

 

 最後に、さぼんさんの今回のパフォの恐ろしい所は、まだ伸びしろがある所ですよね。

 つまり、振りが飛ばず完ぺきにこなし、かつフルコンボだったら。

 もっと評点が伸びていたかもしれません。0.5点、もしくはそれ以上。

 そうすると、シングル上位2人、りりぃさんとぺんこ氏に肉薄するか、もしくは一矢報いてた可能性だって充分にあると思うんです。

 動画で繰り返し見たくなる素晴らしいパフォでした。有難う御座いました。

 それと、ツイッターのDMで懇切丁寧な返信を下さり本当に感謝しています。12月のアムパフォ楽しみにしてますね。

 

 

 

 ・・・と言う訳で今回はこの辺で・・・ってさぼんさんしか書いてないやないか!感想文1人分しか書かんかったのはフォードフォレスト以来じゃないか!?

 うーん、どうしよう、もうちょっと進めるか・・・

 次は・・・誰やっけ・・・

 おっ、次男か!

 めんどくさっ!w 次でいいわ!w 

 

 また来週~♪(予定)

 

 

 

 

まったりとPSSP2018感想文その6

 どうも、山岡死LAWです。猛暑に台風に地震と天災のニュースが続いてると思いきやはや10月に突入致しましたね。「連休絶対潰すマン」と化していた今年の台風ですが、今回の台風25号はどうやら日本列島の北側に逸れて行ってくれまして。

 普段の弊社では有り得ないのですが、土曜日&祭日の月曜日が仕事と言う飛び石仕事でして、これまた予定が立てにくく遠出もしづらい状況。そんなこんなをツイッターでボヤきましたらば、

f:id:yamaoka_shilaw:20181007110413p:plain

 ・・・なるほど!

 と、僕の大好きなネットパフォーマー、ハンサム先生から素敵な煽りを頂戴しましたので、訥々と感想文の続きを書きしたためていく所存でございます。 なんか、先週も似たような週末やったなぁ。デジャブかしら?

 

 

21.卵王子

・5.743点

・7.9点~1.0点

・全体29位、シングル23位

 

 はい、さて困りました。今回の感想文初の動画非公開で御座います。多くを語れないと言うか思い出し切れずうつろな事を書いても申し訳ないし、そもそも非公開理由として満足のいく出来栄えではなかったからとしたらもしかしたらあまり語られたくないのかもしれないし。

 とりあえず。曲がめっちゃ渋かったんですよ。「SABER WING (satellite silhouette remix)」でございました。まさかのサテライトシルエットリミックスの方のセイバーウイング。パフォ大会でこの曲にお目にかかれるとは驚きました。ちなみにもう一つの方のセイバーウイングのリミックスの方、山岡はかつて何気なくプレイしたら曲が速くなったり遅くなったりが激しすぎてトラウマになりました。

 あと、服装がふんわりひんらりしていてピアノの音メインの曲にすごく合ってました。

 それから、やりたい世界観とか構成とかめっちゃ伝わってきたんでそこが猛烈に良かったです。ただそれだけにちょっとグダったとこあったりミスもあったりでもったいなかったですねぇ。。。ご本人もその辺の不完全燃焼具合ゆえの動画非公開なのかしら?と思ってみたり。

 そういえば、以前お見掛けした時は髪の毛短髪のツンツンで精悍な感じだったんですが、久しぶりにお会いしたら髪の毛は伸びて年相応に柔和な顔立ちになられてて、一瞬誰か分からず、昔「マネーの虎」に出ていた安田久社長かしら?と思いました。よく見たらああ違うわ卵王子さんだわってなりました。

f:id:yamaoka_shilaw:20181007121914p:plain

今画像検索して改めて見たら全然違いました

 と言う訳でその短髪ツンツンだった頃の代表作、12年前「UNSUNG WAR」で披露された「BREAK DOWN」を振り返ってみましょう。

www.youtube.com

ゲームセンターにおける公序良俗に考慮して半裸などの露出を禁止するパフォ大会もかつては普通にありましたが、知ったことかと言わんばかりの脱衣。そして筋肉。そして笑顔。むしろ筋肉は衣装ですと言っても過言ではないでしょう。間違いなく名作です。

 ダンス的にもちゃんと実力のある人にこんなことをされたらたまったもんじゃありません。最高でした

 本当は、この元気いっぱいブレイクダウンからの今回PSSP2018の激渋セイバーリミを見てくれ~って調子で感想文を書こうと思ってたんですがなんせ非公開だからいた仕方ありません。なのでいずれ機会を見ての再演を強く希望します。完成品を見せてください(笑)。

 卵王子さんも、どちらかと言えば今回はいわゆる「現役復帰勢」の方だと思うので、せっかく帰ってきたのだから、これで終わり、ではなくまた次回と期待しておきます。

 

 

 

22.SAKE

www.youtube.com

・6.152点

・9.2点~2.0点

・全体27位、シングル22位

 もともとのSAKEさんはスコアの強い人です。そしてイベントなどでは裏方をしてもきっちりとこなす、そんな正確に仕事をこなす人と言うイメージなんです。

  パフォを始めたころ、お世辞にも機敏とは言えない動きでしたが、年月を重ね努力を重ね着実に成長されていくSAKEさん。全ては順調に見えました。

 しかし2年前の2016年3月。事件が起こります。

PefoFes27 [1st Stage 7] SAKE - YouTube

 そうです。「パフォフェス27」で披露された通称「サケバス」です。

 初めの方はダブル譜面を正確に踏んでいく、いわば「いつものSAKEさん」だったのですが、1回目のサビで唐突に表れた謎の風船。それを頭上に掲げぐりぐり振り回しながらも足元は正確に矢印を捉えていくSAKEさん。我々はいったい何を見せられているんだ!?と言う得も言われぬ高揚感に包まれていきます。

 しかしそんな風船をSAKEさんはサビ終わりと同時に投げ捨てます。動画で見るとまたこれがイイ感じに余韻たっぷりに画枠外に消えていきます

 そこから何事も無かったかのように普通に踏むSAKEさん。途中意欲的にグラウンド技も挟んできて、さあ本サビです。

 ・・・キターッ!2本目の風船です!そして1本目と全く同じ振り!風船の復活!パーフェクトな天丼です! 拍手喝采のりりぃさん酸欠の枝豆さん

 パフォフェスはお披露目形式なので表彰とかは無かったんですが、それでも何回見ても「パフォフェス27」の優勝はSAKEさんでした個人的に。

 その後「サケバス」をオマージュしたパフォが披露されたり、風船に描かれていた「GO!JAPAN」がごく狭い界隈で流行語になったりと大きなムーブメントを呼びました。

 さて今回のSAKEさんでありますが、出ましたやってくれました

 曲は「あやかしかくし」ダブルのディフィカルト。そして0.25倍速です。そもそものBPMが85しかないこの曲、いわゆる「低速パフォ」で、画面に流れるというか渋滞している譜面の密圧を楽しむ、特にDDRをちゃんとプレイしているスコアラークリアラーさんには喜ばれるパフォだと思います。

 しかし。しかしです。

 その両手に持ってるリボンは何だ

 キラキラときらめくリボン。山岡の実家の裏の田んぼでスズメ除けに張ってたリボンにそっくりです。曲調も相まって思わずノスタルジックな気持ちになりました。

 しかもただやみくもにふりふりしてるだけじゃないんですよ。イントロから歌詞が始まるところで振り方のテンポが変わってますし、1:23では「ピロリピロリピロリ」って音に合わせて片方のリボンをくりくりしてます。まさかの音ハメです(1:31も同様です)。

 1:39~1:40ではぴょんぴょんと飛びながら回転しますが、手を広げて回るだけなら普通なのですがリボンのおかげで見栄えが5割増しくらいしてます。

 今回のSAKEさんの見所は、大きく要約しまして4点あります。

①「あやかしかくし」と言うタイトルなのに全く怪しさが隠れていない

 リボンの攻撃力が全面に出てます。

リボンと足さばきのアンビバレンツ

 たなびくリボンの優雅さと足のバタバタ感が全く合致しないのにそれを同時に見せられているというSF(すこしふしぎ)。

リボンが画面にだいぶ被っている

 はい、今回の一番のツボです。低速パフォです。非背面です。すなわちSAKEさんですからフルコンボを目指している訳です。でも選択したアイテムがリボン。振り回せば振り回すほどキラキラヒラヒラ画面を遮蔽してきます。

 絶対邪魔やん!分かり切ってる事やん!

 ああ、目障りだな、じゃあ別のアイテムにしようか・・・と言う選択肢もあったはずです。なのにSAKEさんはそれを選ばなかったのです。結論としてフルコンボは達成されませんでしたが、攻めた結果なのです。僕は支持します。

最後までやり通した

 「あやかしかくし」でリボンを振る、というのを最初から最後までやり通しました。他に何の小ネタを挟むでもなく、小休止を入れるでもなく。

 どうですこの意志の強さメンタルタフネス浮気知らず誠に実直と言うより他ありません。

 

 今回のSAKEさんの採点結果を見てみますと、8点以上の高得点を付けた方が24人中6人もいました。確実に刺さった層がいたという事です。そして審査員Cさんに至っては、8.5点となんとシングル優勝したりりぃさんと同点をつけていらっしゃいます。まさに一矢報いた訳です。 

 ツイッターで「100均で売っているリボンを適度な長さに切った物でした」と言ってましたが、普段のSAKEさんを知ってるだけにもう想像するだけで笑いがこみ上げてきます。

 一人で100均でキラキラリボンを購入するSAKEさん。

 自室で一人、「これくらいの長さなら大丈夫かな・・・?」と思案しながらリボンを切るSAKEさん。

 大好きです

 真面目でいつつ、これからもちょいちょい変なパフォ見せてください。

 

 

 

23.稀雨

www.youtube.com

・7.338点

・9.1点~4.0点

・全体14位、シングル12位

 アム茶の大会では2連覇したこともある、関西ではその名を知らぬパフォーマーはいない女帝、稀雨ちゃんです。学名はゴリラゴリラです(アッ、怒られる)。

 まぁ何か聞くところによりますと直前まで違う曲で出る予定で練習してたけど、当日か前日の土壇場でやっぱり無理ーってなって急遽過去ネタ引っ張り出してきたって話らしいですよ。

 で、引っ張り出してきたのがアム茶大会での優勝曲という。

 おかしいですよwww そして流石に出来は良いし強いです。案の定関西勢最上位でした。おめでとうございます。

 当然出だしから可愛いのですが、ショックアローを巧みに中央銀パネル使って避けてます。かつ振りをちゃんと入れてくるという。

 0:31~0:36のサビメロの振りが完璧ですね。流れ、動き、譜面との親和性、全部イイです。0:45~0:46の手をくりくりっとさせる振りも大変キュートでよろしいかと存じます。

 0:57からの連続ショックアロー地帯は、もうパネルから降りちゃってギャラリーと化しますw やっぱりここはウケてましたね。踏んではいけない矢印が来るから筐体から降りる、実に分かり易いです。

 1:10~1:11のバー持って屈伸もよかったですね。全体通してみてもここは印象値が高いです。

 1:12~1:22なんかは、曲的には転調して抑えめに流したいところなのに、「てん、ててん」ってリズムでずっと矢印は来るし合間にショックアローも流れてくるというパフォ泣かせな譜面なのですが稀雨さんはここを正しく表現しつつ正しく踏んでいきます。技術と表現力の高次元融合です。

 1:30~1:31ですが、前回のアム茶優勝の時よりも手が小さく手元でキレよく動かす振りに変わってますね。その分表情が効いていて余裕も感じます

 1:35~1:37の「砂の上に書いた君の名前」のところ、フリーズアローと普通の矢印がミックスされた譜面ですが、稀雨さんの振付見てるともうこう踏むしかないだろって感じに思えてくるのがすごいです。大きく手を振るのも映えてて素敵です。

 最後はちょっとミス?って感じで踏みそこなってましたが、くりんと可愛くターンしてパァッと両手広げてあげて何かうまーくごまかした感じ大人の女性のしたたかさを垣間見ました(←?)

 まぁとにかく稀雨さんのパフォは振りが細部まで練り込まれてて見ていて飽きませんし動画で見返しても都度新しい発見があるって気がします。

 なので興味ある方はぜひ、2014年5月のアム茶大会優勝パフォの方も動画で見てみましょう。明るい屋外なので、表情はこっちの方が断然きれいに見えます

 

茶屋町20140503 稀雨 / KIU - YouTube

 

 

 

 

24.

www.youtube.com

・6.867点

・9.2点~3.0点

・全体19位、シングル17位

 色ちゃんです。関西圏ではおなじみ、「ダンレボの神様」です。ですのでTシャツにも「神降臨」と書かれています。

 今回の曲は「D2R」。ツイッターより、「20周年なのでD2Rにしました」との事です。2しか合うてへんやんけ

 とりあえず0:06の直立不動から「ニカーッ」って笑うところめっちゃ面白いんですけどwww Youtubeのシークバーを操作してここだけ連続で見るとヤバイですwww

 そうだよね、冒頭からフリーズアロー来たら四股踏むよねw すごい安心感。そして突っ張りからのへんなおじさんとのっけから色ちゃんムーブ全開でギャラリーのボルテージも一気に上がります。

 0:19~0:21、全身の動きは固めたままぴょんぴょん回転からの両腕をブンブンがいい流れです。これは初見は笑います。こういう静と動のメリハリが上手いんですよね。0:43~0:48も腰をくねくねさせながらゆっくり一周、全開の笑顔も映えてます、そこからの軽妙なぴょんぴょんが楽しげです。

 1:13~1:18はこれもおなじみのモーション。でも過剰な繰り返しで意図的に笑いを誘ってきます。

 1:20~1:25はピースサイン連発。でもよく見てくださいね、最後のピースは人差し指と中指が閉じたり開いたりしてますからね。たまたま掛け声の「はいはいはい!」ともイイ感じに合ってますw

 そこからの波動拳。ああ、そうだまだ波動拳見てなかったわ、ここで出してきてくれたかーという実家のような安心感

 最後は3方向に手を振りご挨拶、からのバーに唐竹割り。これもおなじみです。が、今回はバーをチョップした瞬間にフルコンボのエフェクト音が。

 そうですフルコンボだったんですね。色ちゃん、体デカくて曲中全然画面見えへんから全く気付きませんでしたw

 

 色ちゃんのパフォに関して。おそらく「変わり映えしない」だとか揶揄される事もあるかと思います。

 でも、そんな事、おそらく色ちゃんは知ってます知ったうえなのです

 おそらく心の調子はよくないし、年齢的にも(※小生よりも2歳上)新しいことにチャレンジするのは相当な気力が要る。「変えられない」のも真実です。

 でも「変えない」のも真実です。

 「KOFD」と言う全国大会があった19年前。色ちゃんも出たかったらしいですが「その頃は底辺」だったとツイッターでつぶやいてました。

 「底辺」だったパフォーマーは十何年の月日を経て「神様」にまで昇り詰めました。じゃあここからどうするのか?

 色ちゃんはその答えに、「神様で居続ける事」を選択したのです。

 「神様」を継続する為に「変えない」のです。

 

 能や歌舞伎などの伝統芸能は保存されていくべきと大多数は答えるでしょう。

 「色」という「伝統芸能」も保存されていくべきなのです。

 でももし彼のパフォに変化や進化があったら、それはそれで諸手を挙げて礼賛しましょうw

 

 

 

25.りりぃ

www.youtube.com

・9.081点

・10.0点~7.0点

・全体2位、シングル1位

 すごい以外何を申し上げればよいのやら。しかも誰よりも自己分析力に長けてるので小生がいくら駄文を連ねたところで全て蛇足と化してしまうのでは、と思わされるりりぃさんですシングル優勝おめでとうございます。

・「Try 2 Luv. U」で勝つと言うすごさ

 はっきりいってゆったりした曲ですよ。しかも短い。曲が与える印象の強さの度合いで言えば参加者の中ではかなり下位なのではないでしょうか。それでも勝ってしまうのですから。

・AAAでクリアと言うえげつなさ

 本人曰くPFCを狙っていたらしいですが。他の参加者がフルコンボを目指し、ある人は達成しある人はミスをし、そこに一喜一憂悲喜こもごもしてましたが、彼は我々の一歩先を歩んでいました。そりゃあ勝てませんw

・Penko氏のパフォを事前に見れるという強み

 優勝候補にして結果シングル2位だったぺんこ氏のパフォを作成時から見れる、そして自分の好きな事だけやってては勝てないと判断するやすぐ軌道修正(曲変更)して勝てるパフォをこしらえて来ました。分析する力と実現する努力

・積み重ねてきたダンス力

 これこそ一朝一夕には絶対に敵わない所でしょう。しかもそのスタイルが単一じゃなくて、ワックがあってドルフィンにグラウンド技にランニングマンに、とあんまり言及すると小生がヤケドしそうなんでこの辺でやめとこw

・自己分析力と自己管理能力

 さっきも書きましたけど分析力ですね。どうしたら勝てるのかというコンペを意識したパフォ作り。ぺんこ氏と違う世界で、ほかの参加者とも被らない世界で。

 そして自己管理能力。結婚して子供も生まれた世帯主、普通なら自分の時間は少なくなり不利ですが、彼はしっかりと半年と言う長い育休を取りました。彼の社内でも異例の事らしいですね。やりたい事とやらなければいけない事の両立。大人やわー。

 

 とまぁ、これは勝てないというのはよく分かったので(笑)、ここからはパフォについての感想をば。

 とにかく余裕たっぷりです。曲がゆっくりなせいもありますが、一つ一つの動きが丁寧で、かつパネルへのアクセスが巧妙です。神経がパネルに行き届いているのが見て取れます。

 パンキングから入って動きの大きさでしっかりツカミに成功し、0:25~0:27のしゃがみながら足をスイッチしつつ回転(?)。当たり前のようにコンボも切れません。おかしいよw

 0:32~0:35の女性ラップに入ってからのパンキングがまたかっこいいです。上右と上左と同時踏みが2回入ってきてるんですがバタバタ踏みません。でもコンボは以下略。うめえw

 0:38からのランニングマンというかDDR的にはスライドステップ。画面向いてるとはいえスライドってめっちゃ早取りしがちなんですよね経験上。でもコ(略

 で0:40の上下同時踏みからのターンのキレ。地面に対して垂直でブレ無し。でその直後の左右→下右→下左って同時踏み3連をクラブで踏みこなすのホント通好みですし動画で何回も見ちゃいました。で(ry

 0:47からの手をうにょうにょ~って伸ばして腰元にキュッと引き寄せてそこからの腰のロール具合がセクシーです。音にもバッチリ合ってます。っていうか本サビ入ってあえて暴れないのが渋いです。

 0:53~0:54の手でパクパクするところ。今回のりりぃさんのネタで唯一ギャグっぽい動きでした。1個だけ入れてくるのがまたニクイといいますかw

 ここ、MEGANE君が「手が奥さんと娘さんに見えて、家族が透けて見えて泣いた」って最高にエモい事言ってましたが、りりぃさんに「(そう言う)意図はなくウォウウォウに音ハメしただけです」ってあっさり否定されててめっちゃ笑いましたw いいぞMEGANE君、そういう独自の感性すごい好きだw

 1:01の左右左って八分で矢印来るところ、肩を上下しながら踏むのめちゃキュートですね。なんかもう細かい動き全部上げてたらキリなくて困るんですがw

 ドルフィンの後の1:08の右フリーズアロー、これどうやって判定取ってんの?www何回見ても分からんw ギャラリーさんの頭でちょうど見えないしw

 1:14~1:17の、この曲中最長のフリーズアロー。上を見上げ振り返りながら、からの素早く足を入れ替えて片足でターン!手の振りも入っててとてもキレイですしフリーズアローも切れていません!さっすが!

 最後の左右同時踏みは手と膝、しっかり同時にパネルを押してるので判定も取れてます。その直前の下も膝打ちで取ってます。そしてシメのポーズはたっぷり5秒はキープしてますね。たまーに曲終わった瞬間素に帰る人いますけどあれ結構興冷めで、りりぃさんはその辺ももちろん計算済みと言わんばかりでした。

 

 今回のりりぃさんのパフォ動画、1分38秒なんですけどね。お気付きでしょうか。PSSP2018の全動画で一番尺が短いんですよ。つまり一番表現する時間が短かったにも関わらずシングルとして優勝してるんですよね。こらもう伝説なのでは。

 

 ところでですね。

 19年前に行われた唯一の公式パフォ全国大会「KOFD」で優勝した、僕も尊敬してやまない中野さんがですね、

もう同じこと思ってる人たくさんいるのを確認したし、多分本人も自覚あると思うんだけど、りりぃ君たちのパフォって凄いけど全く面白くないのよね

 と言う事をツイッターでおっしゃってました。

 多分若い現役の方でこのツイートを見た人は、「うわっ、老害・・・」とか思われた事でしょう。そのお気持ち大変良く分かります。小生も「全く面白くない」は言い過ぎやと思いますし、わざわざ「もう同じこと思ってる人たくさんいるのを確認した」って言って「思ってるの俺だけじゃないよ」って予防線張ってるのもあざといなぁと思いますw

 でもまぁ中野さんの言わんとせん事も何とな~く分かる気がするんです。偉大な先人の発言を老害認定して唾棄するにはあまりにももったいないです。

 りりぃさん、とりわけ今回は「コンペ」を主眼に置いた勝つ為のパフォを披露しました。特筆すべきはそのマーケティング能力セルフプロデュース能力で、僕は質でも量でも敵わないなぁと感服させられました。

 では、勝利したのはりりぃさんだったとして、一番心に刺さったのはどのパフォだったかと言われれば、それは審査員またはギャラリーそれぞれでありましょうが、全員がりりぃさんを選んだとは言い難いでしょう

 エンターテイメント性ではぺんこ氏の方が上でしたし、ただただ盛り上げる力に関してはシ~モネ~タ満開ちゃんが一番だったし、曲の必然性を一番感じたのはさぼんちゃんだったし、お笑いでは自分が一番だった(とここは正直信じたい)と個人的には思う訳です。  でもやっぱり総合力って聞かれると、満場一致でりりぃさんじゃないのかしらね。一番強かった。

 そう、「強い」と「おもしろい」は必ずしも合致しないんですよね。ここで言う「おもしろい」は決してお笑いのおもしろいではなく。「みんなの期待に応えながら予想の上を行く」みたいな、新機軸と言うか斬新さと言うか。「こんな楽しみ方あるのか」と思わせつつ「それ絶対楽しいよね」と分からせると言うか。(ゴメン、めっちゃわかりにくいよねw)

 りりぃさんに限らず最近のみんなはちゃんと作ってくるよね。その「ちゃんと」してる全体の風潮も含めて、中野さんに「面白くない」って言わしめたんじゃないのかな・・・って勝手に推測してます。嫌われるのを覚悟で申し上げますと、「勝つ為に作ったのが見てる人に伝わったから面白くない」と感じられたんじゃないかしら。

 あ、絶対に勘違いしないでほしいんですけど、中野さん悪者にしたいんじゃないし悪くないからねw 上記ツイートの後半では、

これってつまり文化の成熟で、言ってみればポンチ絵しかなかった時代から、ストーリー漫画を描く手塚治虫が現れたような。

 っておっしゃってまして。

 昔、それこそ20年前は、パフォ大会に「阪神タイガースのハッピを着てただ画面見て普通に踏むだけ」みたいな人が結構いたんですよ。「DDRパフォ」の定義も方法論も定まってない黎明期。どこを掘ってもゴールドラッシュみたいな状態でそりゃあ面白かったさ。たまたま自分も「3人でパフォ」なんて新機軸打ち出してチヤホヤもされました。ただ、金山もようけあったけど、ただの毒沼みたいなんもようけありましたw

 20年経ちまして。文化は成熟しました。金脈もほとんど掘り起こされました。

 今から「面白い」事を見つけるのは簡単ではないでしょう。

 でもりりぃさんが「面白い」事を探求していない訳ではありません。それは小生も、きっと他のパフォーマーも同じです。

 あくまでもゲームとしてDDRを楽しみつつ。新しい「面白い」が見つかるといいよね。

 あ、いい言葉見つけたよ。今思いついた。

 「遊び心」だ。

 「遊び心」の感じられるパフォ。これだ。

 りりぃさん、また機会があったら、暇な時でいいんで、一緒に「遊び心」溢れるパフォをしようよ。そう、下六組でもやりましょう(笑)。以前ツイッターでぺんこ氏が「矢印に失礼なパフォ」って言ってたけどあれマジで金言だわ・・・。

 

 

 と言う訳で。今回はこの辺で失礼します。

 あれっ、今まで4人ずつで書き進めて来たんですけど、今回5人書いちゃったw なんでやろ・・・途中、全然気付かなかった・・・。

 老いか?老いなのか?

 プチプチ・・・(脳細胞の死滅していく音

 

 

 

 

 

 

 

 

まったりとPSSP2018感想文その5

 どうも、山岡死LAWです。

f:id:yamaoka_shilaw:20180930090525j:plain

おめでとうございます

 

 DDRが20周年ですね。ツイッター見てみんなが20周年特別仕様のDDRをプレイしているのを見て小生も早くゲーセン行きたい所存ではあるのですが、今週完全に仕事に忙殺されてまして。

 山岡、運送会社の中間管理職をしているのですが、仕事が多いと自分でトラックに乗って配達に回るんですね。で、今週は中国地方や関東などに行ってましてゲーセンどころか帰宅してない状態でありました。

 ただ弊社は日曜日は完全にお休みですのでよっしゃ迎えた週末ゲーセン行くやで~と思いきやこの台風24号様ですよ。涙。

 と言う訳で、台風にて自宅待機ならば感想文を書くしかする事ありません。台風はブログ日和ですよと不謹慎な発言をしたところでPSSP2018感想文の続きと参りましょう。

 

 

17.ハンサム

www.youtube.com

・7.610点

・9.4点~5.0点

・全体12位、シングル10位

 メガネ座の聖闘士ハンサムさんですね。ラストPSSPに持ってきたネタは・・・満を持しての「CANDY☆」だー!!これは泣いちゃう

 初めて見たのはもういつだったかな、うろ覚え極まるけど多分2003年3月の滋賀県は三雲ジャングルで行われました大会じゃぁなかったかなぁ。とするともうかれこれ15年前になるんですね!

 そっからこれだけ歳月過ぎてもこんだけ動けるという努力の継続の尊さを感じずにはいられません。で、冒頭からめちゃくちゃ手拍子煽ってきますw

 曲が始まった途端表情がスイッチ入り、手拍子を求め、0:15あたりで落ち着きかけたので0:18~0:19でもっかい煽りなおすという流れと展開が完璧です。

 山岡が個人的に好きなのが、「CANDY☆」ってBPM192とパフォするには結構速い曲なんですよね。でピョコピョコキビキビ動きながら0:29~0:31みたいに大きく手を広げるのがすごいゆっくりで。画面も曲もソフランしてないのに動きの感じが変化していて。かつ踏めてるっていうですね。伝わるかなこの思いw

 そこからのサビ。さすがのキレです。ちゃんとサビに一番大きい動きを入れてきて印象値を計算してきてますね。で、そっから何やら様子が変にw 尿意を催してきたのか・・・?からの股間から純白の生地がポロリ!いや、ポロリッてレベルじゃねえぞ、ピンッピンッに勃って立ってやがるゥーッ!!後日ハンサム氏のブログ見たら「糊付けしてパリッパリにした」とあって更に笑いがこみ上げてきました。こういう頑張る方向の迷子、僕大好きです。

 あとですね、1:22~1:24みたいにですね、矢印は上下で縦の動きになりがちなのに180度ギャラリーに指さすところ、譜面に対しての動く自由度みたいなのが好きです。

 で最後は勃起布を頭上でブンブン振り回します。パリピ感があります(※パリピの意味をよく知りません)。その勃起布をギャラリー側に居たりりぃさんめがけて投げつけてフィニッシュです(投げつけた方向は動画から見た妄想です)。

 山岡は老害にしてDDRパフォオタクなので、何度か同じ曲でのパフォを見るとその時々の細かなマイナーチェンジを楽しむ癖がございまして、そういう観点でもハンサムキャンディは個人的にとても楽しませて頂きました。

 ところで。

 ハンサム氏が個人ブログで敗軍の将は語るみたいな記事を書いていらっしゃいまして、少し引用させて頂きたいと思います。

 「選曲や戦い方のアップデートを怠っていたし、ソレに気づけていなかった

 ・・・優勝を目指すという意味では、今回のハンサム氏のシングルで10位と言うのは確かに敗北と言えるのかもしれません。とりわけ「PSSPで優勝する」というのはもはや自動的に「りりぃさんに勝つ」と言うことに他なりません。なので上記引用文はその敗因を100%過不足なく言い切っている名文だと思いました。特に自分も無駄にキャリアだけ長いので金言と受け止めねばと汗顔の至りで御座います。

 PSSPは審査員が多種多様で、かつその数が24人と多いのが最たる特徴です。一芸に秀でたパフォとか僕個人はすごい好きですが、PSSPでは評点が全然伸びないとか結構あります。

 審査員のバラエティに関して、まずハンサム氏のパフォを見たことがある人とない人に二分されますね。初見の人はもしかしたら明るく楽しいダンスパフォに唐突に放り込まれた勃起布に戸惑ったかもしれません。また、ハンサム氏を知る人の中でも、過去ネタ(PSSP2014 ハンサム / handsome / Yogore - YouTube)の天丼を喜ぶ層と「いや、それ前にも見たわ」とむしろ減点する層(=内輪ネタを嫌う人)があったかもしれません。

 小生の見るハンサム氏の最大の特徴は「守備力」です(個人の感想です)。守備力すなわち減点要素の少なさ防御は最大の攻撃なり。そんな言葉は無かったかw

 そういう意味では今回のハンサムキャンディは山岡のような特定の人には刺さったし加点もされたでしょうが全体の評点底上げにはならなかったと言えるのでしょう。

 あと、これはハンサム氏の傑出した実力とキャリアがあるが故の話ですが、「新ネタが見たかった」と言うファン心理みたいなのも働いたのかもしれませんね。期待値の高さゆえの評点の伸び悩みみたいな。

 とはいえこれらは全て「優勝を目指す」と言う観点のお話。実際順位を見ますれば、シングルでハンサム氏より上位はりりぃさんぺんこ氏ネギマ君jaxさんさぼんちゃん満開ちゃん火雪君にサイバーとまぁ納得のいく採点じゃなかったでしょうか。ワタクシの過剰な評価の高さを除いて。

 と言う訳で総括です。ブログ見る限りヘコんでるみたいだけど、決して敗北じゃないよ。ある一定の層には確実に勝利してるよ。しかも結構その層広いよ。また気持ちが切り換わってふつふつ燃えてきたらパフォ見せて頂戴な。長年のファンより

 

 

18.CYBER

www.youtube.com

・7.890点

・9.5点~3.7点

・全体11位、シングル9位

 動画を見ると、結構尻切れで終わってまして。空気を読むとあまり多くを語れないというか(笑)。えー、とりあえず、サイバーのPSSP物語、ここに無事円満に完結ってとこでしょうかw これはいい最終回でしたw

 やっぱPVと振りがシンクロしてハマってるってのがどう考えても最高にかっこいいんですよね。

f:id:yamaoka_shilaw:20180930114959p:plain

ほら、かっこいい。

ね。そのPVと一緒の動きだし、でその本物の人がね・・・おっと誰か来たようd

 ・・・あー!もう!語りづらいな!(笑) そら振りの完コピだし以前にも見たネタだし本人の目の前・・・じゃなくってその、何て言うか地形効果がズルい!wから点数は結構ばらつきがあって甲乙わかれましたけども。

 会場現地では無類の感動がありましたよね。もう間違いなく。結果直前披露のハンサム氏が印象で食われてしまうという悲喜こもごももw

 て言うか、

  泣 く な - !

 あのな。見てる小生も泣きそうになるから。ホントに。気持ちが伝わっちゃうよ。

 ちょっとおバカっぽいけど、めちゃめちゃピュアでイイやつなんですよこいつ。憎めないし。良い所いっぱいある奴なんで李王さんホント大事にしてやって下さい宜しくお願いします。人として伸びしろいっぱいある奴なんでなにとぞ。

 と言う訳で、PSSP2010を知っている人は、今回のサイバーちゃんのリストバンドが赤くなってるのと最後の拳突き上げるところがちゃんとグーになってるのを動画で確認してね。そして一緒に泣こうねw

 

 

 

19.ペンニー

www.youtube.com

・6.840点

・8.6点~3.7点

・全体20位、シングル18位

 ・・・あのな、ペンニー、お前はひとっつも悪くないんやけどな、動画で見ると袖でずっと泣いてるサイバーでどうしても笑ってしまうわwwww「向日葵サンセット」のさわやかさとあしたのジョーの最終回状態でずっと泣くサイバーとの対比が面白すぎてダメwww ペンニーが元気にパフォすればするほどおもろいwww

 笑い過ぎてうっかり動画を5周ほどしてしまいましたが気を取り直しまして。

 関西の・・・もう若手というより中堅やな、ペンニー君です。なんかここ1年くらいで急に覚醒しまして、高身長と手足の長さから来る伸びやかさとキレの良さが一気に大輪の花を咲かせました。

 何て言うかこう、振りがよくなったよね。揚げ出しさんとかとの相乗効果があるのかな?0:19~0:21の「ぴぴっぴっぴっぴー」の勢いがイイですよね。パフォの開幕始まりの高まり感がよく出てます。

 0:22~0:34。「あなたと わたしの 指が触れたの 覚えてるかな
アイスキャンディーの棒が 溶けて落ちちゃって 拾い上げてたら 君の顔」歌詞にピッタリハマった振り付けですね。見てるだけでニヤニヤしちゃいます。

 1:00~1:04の振り返るところが好きですね。元気いいところとテンポが変わっててバラエティ感あるし振りとしても味があります。

 で1:09の2回目の「ぴぴっぴっぴっぴー」はあえて指だけの動きにして1回目との変化を付けるとともにその後のサビへの展開としても功を奏していて計算されていますね。 で、そのサビも元気があって大変よろしいです。 ちゃんとジャンプも入ってたし。ノルマ達成。 1:41の「ちょっぴりしょっぱい」で指を口に添えてるのも歌詞なぞらえててマル

 唯一個人的にはシメ方はちょっと違うかな?とは思いましたが(笑)。もうちょっと上品な感じが良いと言うか元気よすぎかな?みたいな。

 前述したあすわさんと曲は被ってしまいましたが、いい意味で解釈の違いが出てましたよね。

 真面目にやり切った間違いなく良パフォです。右端のずっと泣いてる人を手で隠して動画で鑑賞してあげてください(笑)。

 

 

 

20.ナツメ

www.youtube.com

・6.324点

・8.7点~1.6点

・全体26位、シングル21位

 なんとびっくり、「Everything I Need」ですよ。スローテンポのバラードで完全に異彩を放ってました。こりゃあ選曲の勝利ですね。ナツメさん、ツイッターで曲被りを心配されてましたが、いくらなんでもこれは被らんですよ奥さん(笑)。

 とにかく情感、哀感たっぷりで素晴らしいです。英語の歌詞なんでよく分かり切らんですけど(苦笑)、歌詞サイト拾って見てきたら「私の全てとも言える大切なアナタ、でも今は手の届かない遠くに行ってしまったんや~」みたいな意味なのかしらね。死別?

 とすればですがナツメさんの手を差し出す動きや上目遣いは巧みに世界観を捉えていていいですね。衣装も淡い色合いでよく映えてます。またひらひらとしたスカートが0:51みたいにターンしたときフワァッと広がってとてもキレイです。

 BPMが50~100とかなり遅い曲なんで、振り的に暴れられないというか冒険できないと言いますか。でもその分女性特有の細やかでしなやかな仕草が楽しめます。動画で繰り返し見るべき。

 1:11とか、

f:id:yamaoka_shilaw:20180930165532p:plain

1:21とか

f:id:yamaoka_shilaw:20180930165530p:plain

このあたりが特にキレイで小生のお気に入りです。 

 で、何と言っても見所は最後のフリーズアロー連続地帯。・・・の最後の最後で、ナツメさんはコンボを、これまで丁寧丹念に繋いできたコンボを、最後のフリーズアローで切ってしまう訳なんですね。

 ギャラリーから漏れる嘆声。コンペティション的に考えれば残念な要素となりました。

 でも、こと表現としてはどうでしょうか。山岡はこれはこれでアリなんじゃないかしらと思うのです。

 悲しみに溢れ膝から崩れ落ち、それでも諦め切れず上を向いて手を精一杯伸ばす、その手が届かないという事も分かりながら。その届かなさがこの途切れたコンボに集約されて結実していると感じました。

 フルコンボだと少なからず「報われた感」が出るじゃないですか。最後のMISSで、ひたむきで健気、でも報われなかったんですよ。分かります?

 わざとコンボ切らした訳じゃない、事故だとしても演出として胸を打つモノがありました。感動を有難う御座います。

 ナツメさんは以前小生主催の大会で動画非公開だったり尻込みされることもありましたが、今回PSSP2018はかなりの勇気を振り絞って出場を決意されたのではないでしょうか(勝手な憶測です)。今回の動画を見て、心の底から出て頂けてよかったなぁと思います。感謝。

 

 

 と言う訳で、今回はこの辺で。

 

 さっきね、ナツメさんの感想文を書いてる時にですね、

 停電になりまして。

 書いてた文章ぜんぶ消えたんですよね~

 おふぁああああぁぁぁぁぁぁ(魂の抜けた声で)

 

 必死で書き直しましたとさ。ではまた。

 

 

 

 

まったりとPSSP2018感想文その4

 一昨日の土曜日夜、「キングオブコント2018」がやってましたね。ダラダラっと見てたんですがハナコ優勝おめでとうございます。やっぱ動きで笑いをとれるのは強いですね。番組的にはチョコプラに優勝してほしそうでしたけど、ファイナルステージの2ネタの面白さが1本目>2本目ってなってたのがなぁ。2本目はエンタの神様みたいにテロップ付きでないとセリフの面白さが伝わりきってない印象でした。

 

f:id:yamaoka_shilaw:20180924011634j:plain

 

 とまぁ、お笑いに関しては市井のネット評論家様達にお任せするとしまして、PSSP感想文の続きと参りましょう。

 

13.あすわさん

www.youtube.com

 

・6.557点

・8.9点~2.9点

・全体24位、シングル20位

 

 パフォーマンスというものにおいて正解は無いと思うんですが、あっすーのこの「間違ったことはしない」感はすごいです。うん、正しい。すごく正しさを感じます。

 

 「向日葵サンセット」って選曲がいいですね。派手ではないけど、パフォ向きの良曲です。服装も正しいなぁ。帽子が夏っぽい

 スタートで客側3方向と主催側にお辞儀してるのめっちゃ礼儀正しいですよね。スタートしてから4発お辞儀して始めたのあすわさんだけでしょw

 冒頭、ダウンで矢印踏みながら1周、ホイッスルの音に合わせて投げキッス3発。0:23~0:28の腕を広げて手をぴょこぴょこさせる動きがかわいいです。

 0:47~0:48の胸がグワーッとせりあがってくるところ好きなんですよ。ここの歌詞がね、「あたいがわたしになったの」ってとこで、何て言うのかな、女の子が恋を覚えて女になった?みたいな気持ちの盛り上がりがそのまま振りに落とし込まれていてドンピシャ感めっちゃあるんですよね。僕エモいですか?すいません(苦笑)

 0:50~0:53はこれまでのステップのテンポから一変してドラムの音に合わせた細かさ。ああ、これまた正しい。 その後の手拍子もちゃんと入って0:58~1:01の上下しながら手をくりんくりんさせるのがイイですね。 こっからの本サビもリズムにノレてます。

 んで、1:44~1:47なんですけど、譜面が「下、下、上フリーズ」って流れてくるんですけど、ゆっくり踏みながら回るんですね。どうみてもターンする譜面じゃないのにでもメロディには合ってるという。地味ですがこういうとこ好きです。

 で、1:48~1:51でシメなんですけど、この曲最後がピアノ音だけになってからジャーンって終わるDDRでは独特な終わり方で、ここをどう料理するかがミソだと思います。そしてあっすーは最後まで正しい。ジャンプ、ジャンプ、かがんで大の字。1:51で「うん!」って大きくうなづいてますけど、納得のパフォだったんじゃないでしょうか。

 

 あっすーみたいな、いぶし銀と言いますか、コンスタントに必ず丁寧な上質パフォを作ってくる人が大会にいると本当ありがたいですよね。毎日カレーライスじゃ飽きるじゃない?そうめんサラッと食べたい時もあるよね。 大会参加者が全員フォードフォレストやってみ?僕F大好きやけど絶対にやで?あいつはオンリーワンやから輝けるのだ。他の追随を許さないと言うかそもそも追随されてない、そんな絶対領域に生きているのだ彼は。

 あれっ、なんでフォードの話になってるんだ・・・?と言う訳で軸のぶれなさに定評のあるあすわさんでした。とさ。

 

 

 

14.火雪

www.youtube.com

・7.957点

・9.3点~4.0点

・全体10位、シングル8位

 

 大会当日朝、(カープのレプリカユニ沢山持ってる)火雪君が「誰のユニ着ていこうかな」ってツイートしていて、実際着て来たのが黒田ユニだったのでその時点で僕の中では100点満点中5億万点です。漢字の漢と書いて「おとこ」と読むんですよ。

 1年半ほど前、「なごパコ」って言う不埒な名前の大会を主催させて頂いたんですけど、その頃から比べて随分痩せたなぁと言うか体を仕上げて来たんだなぁと思いました。30歳越えてから痩せるんはほんま大変なんやで。平成生まれ共には分からんやろけどなッ(老害)。

 フルコンボですね。なにはともあれフルコンボですよ。しかし問題はその内容。譜面の難しさではなく、踏み方の難しさがヤバイです。

 今回の火雪君は、得意とするタットやアニメーションを駆使したパフォなんですが、そもそもポッピン自体がDDRとの相性が悪い訳ですよ。

 0:32~0:33の「デケデケデケデケ」のとこホント見てください。バイブレーション入れようとしながら矢印踏んでますから。そっから中腰で移動しながら踏むのも難しいですよこれ。で0:41でスクッと体が起き上がるのが気持ち悪くていいですね。

 圧巻は0:54~1:00。タットからマリオネットみたいに腕プランプランさせてからが全く踏んでいるように見えません。見せないすごさ。からのデケデケのジタバタでもコンボを切らせてません。静と動。でも繋ぐ1:02~1:06、頭上でこしらえたハートがひらひら降ってきて胸元でデケデケと激しく鼓動を打つ。でも繋ぐ。その後もウェーブしようがタットしようが繋ぐんです。

 見逃せないのが1:17。秒数にしてわずか1秒少々なんですがここ。2P側上、上、上と矢印が4分で3連来るんですけど、タットでボックス作りながら片足上げて左足のつま先を中央銀パネルに置いてかかとでパネル踏んでるんですよね。バランスとリズム。いやぁ、すごい技術です。

 1:33~1:36のわきわきした動きが終盤の盛り上がりに一役買ってますね。で1:40のシメのところの譜面が1P側右→1P右2P左同時踏みなんですが、右足で1P右踏んで左足で2P左と踏むんですが、最後はパネルを2枚光らせなきゃいけないから難しいです。動画でよーく見てくださいね。このつま先とかかとの位置。重心のかかり方。かつ上体はヒット打ってますからね。

 これまでの火雪君のPSSPでは、「3」ではペットボトル、「2010」では女装、「2011」ではシャイニーボール、「2014」ではスケベイスお風呂のイスと言う風に、必ず付け加えたエッセンスが独特の味になってたんですが、今回は余計な味付けは無し、熟練のパネル捌きを土台に見事なダンスパフォーマンスを披露してくれました。

 そう言えば感想文書くにあたって、火雪君のツイッター漁ってたんですが、今回の「Ticket to Bombay」作るのに最も影響を受けたのが恋にメリーゴーラウンド - YouTubeらしいんですけどね。

 ・・・うん、まぁ、言わんとせんことは分からんではないけど・・・。なんで可愛さだけは全部置き去りにして影響受けたのかなって思わずにもいれませんでしたとさ。

 

 

 

15.おおとこてつ

www.youtube.com

・4.900点

・8.1点~1.5点

・全体33位、シングル26位

 

 関西若手のホープにしてアム茶大会ではユニットで2度も優勝しているこてつ君ですが。だいぶ緊張していたのかな?本人もツイッターで「やらかしてしかいない」って言ってましたが、やっぱりFAILEDなのがダイレクトに点数に出ちゃっててちょっとかわいそうです。

 多分と言うか憶測ですけど、最初の一礼からし固いですねwでも0:08ではピッと笑顔に切り替わってリズムに乗ってたんでここは良かったです。 0:11~0:16のところも、「ヘイッ」てボイス音でこぶしを突き上げたりするのが元気よくてマル。

 で、ここからイントロっぽいところが終わって譜面がいきなり細かくなります。0:25あたりかな?ちょっとミスしても一気に矢印が来るもんだからすぐ筐体ランプが赤く光っちゃうというw 本人も「しまったー」って顔してますもんね(苦笑)。筐体からブーイングが聞こえてくるとホント焦るんですよね。集中しようと意識すると余計集中できない事ってありません?皆様。

 でもこてつ君は必死に盛り返そうとします。難しい譜面に対しても、前述の青山ひろし君や凡人さんは違って、力感少なく軽やかに踏めるのは彼の魅力であり武器でもあります。 軽やかな足捌きから、0:38の「ピッ!」ってとこで中央2枚パネル踏む動きがかわいくて何回見ても笑顔になっちゃいますw

 0:41から転調して、フリーズアローと細かい譜面がミックスされてますがここらへんで持ち直してきて動きも練習してきたものを出せてる感じがありました。1:06~1:09の頭を手で押さえながらターンして移動するところとか曲調とマッチしてるしアンニュイな感じが出てました。と言うかここ、足下バタバタしてないし腰の高さが一定なのによく踏めてますね・・・。 あと1:15のフリーズアローでのピボットターンが実になめらかです。

 1:21~1:26は振りが一気に大きく元気になってて曲とよく合ってます。そこからは終盤戦。またここからの譜面が難しいですね!同時踏みも来る、左右に振られる・・・でもこてつ君はスマートにシュタシュタ踏みこなします。だからこそ1:44のフリーズアローも動きの流れが止まってアクセントとしてきちんと効いててイイです。

 おそらくこてつ君としては今回のパフォと結果は悔しいものだったのではないでしょうか。終わった後の表情に悔しさがにじみ出ていました。こてつ君あたりの今大会残念ながら下位に沈んでしまった方々は大体しまったーみたいな表情で終えられているのですが、そうなるとやはり最下位に輝いたジョンソンはやっぱり素晴らしい。(そこそこ)やりきってBランクでクリアして最下位だもんな。かっこいいよマジで。

 あっ、いかんいかん。気を抜くとすぐFとかジョンソンの話しちゃうな俺。反省反省。と言う訳で、アム茶での大会などでも見てきて、こてつ君はパフォの企画力は図抜けたものを持ってますし、そういった企画力と持ち備えた踏む技術が上手くリンクしてマッチしたパフォを期待してますし、彼なら出来ると思ってます。頑張ってちょーだい。

 

 

 

16.Zio

www.youtube.com

・7.076点

・9.6点~1.9点

・全体16位、シングル14位

 

 もう10年も前の話なので知らん人も多かろうと思いまして念の為申し上げておきますが、DanceDanceRevolution X」オープニングムービーの人です。すごいよね。ゲームの外の人がゲームの中の人になったんだよ。もうすっごいよね(語彙力)。

 いやもう、小生なんかが語るには恐れ多いくらいダンスの地力が高い人です。天上人ですわ。でもその実態は「けいおん!」の琴吹紬大好きお兄さんだよ。ムギちゃんの事を「あの、おでこにタクアン付けてる女の子ですよね?」って言うとすっごい怒るらしいって昔りりぃさんから聞いたよ。気を付けようね。

 で、そんなZioさんなんですが、個人的に(DDRじゃない動画で恐縮ですが)この動画を見てほしい。→【AB-BOY PARK 2】あきら様 vs Zio【2回戦―4バトル目-1】 - YouTube

 Zioさんのダンスのすごさと嫁への愛の深さ、両方が全部味わえるよ。山岡は昔からニコニコ動画の踊ってみたオタクだったから、あきら様見て最近のキッズはえげつないなぁとか思いつつ動画漁ってたら知ってる人と普通にダンスバトルしててオションションちびっちゃったね(回想)。

 閑話休題、今回のパフォについて。曲が「Dancer in the flare」だー!アッ、アッ、これはヤバイ、踊ってほしかった曲で踊ってくれた嬉しさで心の琴線が16ビート!(←?)

 Zioさんと言えばと言うかならではと言うか、いわゆる「非背面」パフォなんですよね。

 古来よりパフォ大会における「非背面」の是非は問われ続けてきまして歴史を紐解けば。曰く「画面を見ながら踏むのは暗譜の努力を怠ってるのだから減点」であるとか「客側にお尻を向けて踊るのはそもそも失礼ではないのか」とか言われてた時代がかつてあったんですね。今思えばな時代でしたねw

 でもZioさんはそんな悪習を、本物のダンスでねじふせてくれたパイオニアであります。ホントは他にも親父☆連さんとかみかえるさんとかいるんだけどね。それはまた別のお話。

 ともかく、このZioさんのパワーとダイナミズムを見てください。そしてこれらがほぼ即興でこなされていることを考えてみてください。ヤバイでしょう?でもってメチャメチャたのしそうなんですよね。これがまた素晴らしいじゃないですか。

 感想文としてはこれ言っちゃあ絶対ダメなんでしょうけど、ほんと語るよりもう見てくれ!って感じになっちゃいますよね(笑)。そして皆、小生のように語彙力を無くそう!と言う訳で以下語彙力捜索願い中の山岡がお送りします。

 ・ダンスのスタイルいろいろ入ってるぞ!すごい!

 ・シフトキレてる!かっこいい!

 ・最終盤の膝ついてからがすごい!

 ・からの、フリーズかっこいい!

 ・でとどめにドヤ顔でサムズアップ!許される!かっこいい!

 ・でもその後Tシャツフゴフゴしてくる!ちゃんとオチつける!抜け目ない!

 

 こんな感想文で怒られそうw 先に謝っておこうかしら。あっ、そうだ、非背面でもダンサブルなZioさんだけど、譜面覚えて来た背面パフォのZioさんも最高&最高なんで是非見てほしいってことで動画貼っておこう。

PefoFes16 ZIO - YouTube

個人的Zioさん最高傑作だよ。「Till the lonely's gone」、曲が好き過ぎる・・・・。

 

 

 

 と言う訳でして。今回はこの辺で。いずれまたお目に掛かりましょう。

 

 これで16人分感想文書いたのか・・・エッ、まだ折り返し地点にも到達してないだと・・・・・・?(白目を向いて昏倒)

 

 

まったりとPSSP2018感想文その3

 どうも、山岡死LAWです。3日ほど前の平日、ちょっと仕事が早く終わったのでPSSP感想文でも書き進めるかしらとPCを立ち上げたまでは良かったのですが、YouTubeを開きましたらば「あなたのおすすめ」で「[なごパフォ5 28] ford forest - YouTube」が表示されたので、ついうっかり見てしまいまして。

 ひとしきり笑ったら満足したのでそのまま就寝しました

f:id:yamaoka_shilaw:20180916130601p:plain

↑こいつのせいで感想文書けず

 

 と言う訳でPSSP感想文の続き、始めて参りたいと思います。そう言えばF、来なかったなPSSP・・・。

 

 

9.山岡死LAW

www.youtube.com

・8.271点

・9.6点~5.5点

・全体5位、シングル3位

 

 自分ですね。さすがに以前のブログ「PSSP2018お疲れ様でした - スワンワンダラーⅡ’turbo」でたっぷり我がの事書いたのでここでは特に書きません!(えー)

 まぁ、順位に関しては、その時々その人々で変わるでしょうから今回は運が良かったという感じでしょうか。とりあえず以前のPSSPと比べれば、2011がシングル5位、2014がシングル4位、そして今回2018がシングル3位ですから、ワーイちょっとずつ順位上がってる~♪上村愛子みたい~♪と思いましたとさ。

 大会終了後、りりぃさんから「ソロ部門1、2、3を下六組で制覇!」ってLINEが送られてきて「・・・ホンマや!」ってなりました。

 

 下六組の動画、久しぶりに見たらめちゃくちゃ面白いですやんこれ。びっくりしました(参照:https://www.youtube.com/watch?v=yDJwdFDn38M)。

 

 

10.ほめ

www.youtube.com

・4.271点

・7.5点~0.8点

・全体37位、シングル30位

 結果から見ますればブービー賞で点数も危うくジョンソンの後塵を拝するところだった訳ですが、個人的にはかわいいんだしもうちょっと点数上げてもいいんじゃないの?かわいいんだし。って感じです。

 ほめこさんはほぼ新人なのです。大会デビューは(多分)今年の5月のアムパフォ。その時僕ツイッターで「元気に特攻してくれてて良い」って感想書いたんですけど、まさかその3か月後にPSSPに特攻してきてくれるとは思いもよらず、いい意味で期待を裏切ってくれました。

 曲は「GRADUATION ~それぞれの明日~」というEXTREMEに収録されてたこれまた懐かしい曲。新人さんが卒業ってタイトルの曲でパフォとは不思議な感じがしますがw

 ご本人のツイッターを見たら、オプションを何か入れ忘れてたらしいです。ミラーかな? 今大会はオプション画面までは大会スタッフが操作というルールがあったので、大会経験の浅いほめさんにはちょっと不利だったかしら。

 その影響からか0:42くらい、曲の中盤手前でFAILEDしちゃってます。この辺がグイッと減点されてる理由なのかな?

 あとJKコス。曲に対しては正解の衣装なのに直前の揚げ出し豆腐さんとJKコス被りと言う不運もありました。しかもその揚げ出しさんのパフォが素晴らしいという。

 それでも。やりたい事は大体伝わってきた、と感じます。サイリウムが暗めの会場にはよく映えていたし、それをマイクに見立ててのアイドルらしい振り。アドリブっぽいというか即興力があるんじゃないかなとも思いました。

 0:27~0:29の左手をバッと振り上げるところはしっかり音を捉えてましたね。0:53から曲調が変わるところは哀感が漂う振りでよかったですし、1:19でギャラリー側に出てくるところも、譜面無視くさいですけどノリの良さが出てました。

 1:39~最後までの振りの流れは最高にいいですね。ダブル譜面をぴょこぴょこ踏み渡ってきてからの最後は足を止めつつ手で大きくサイリウムで弧を描くのがとてもキレイ。最後の胸元にサイリウムを抱えるところは、サイリウム卒業証書の筒に見えましたよ小生には(妄想)。

 この曲、歌詞を紐解くと「別れはつらいけど新しいスタートでもあるから頑張っていきまっしょい、でもウチのことは忘れんといてや~」みたいな意味合いでして、そういった曲のイメージがよく伝わるパフォだったんじゃないかなぁと思います。

 今回のほめさんのパフォを「GRADUATION」になぞられて総括しますと、「今回の結果はちょっと残念やけど新しいスタートでもあるから頑張っていきまっしょい、とりあえず年末のアムパフォ頑張ってや~」って感じでしょうかね。年末来られるのかどうか知りませんけど(適当)。

 

 

 

11.シーマ

www.youtube.com

・4.648点

・7.8点~0.5点

・全体35位、シングル28位

 

  大体5年くらい前でしょうか、「なごパフォ3」あたりから見てきたシーマさん。ここまでの参加者で初めてのストリートダンス寄りのパフォですw

 まず選曲に驚かされました。「Valkyrie dimension」やないですか。PSSPは穏やかではない曲がよく選ばれますね。やっぱり客層を意識した選曲だったのでしょうか。

 そして曲が始まるとなんとポッピン。アニメーション? あれっ、シーマさんってハウス系ステップでパフォしてたんじゃなかったっけと自分の記憶が不安になり慌てて後日動画を見直したらやっぱり「パフォフェス23」や「パフォフェス24」では華麗なステップを披露してくれてました。

 とまぁ小生から見ましたらば「今日のシーマさんめちゃめちゃ攻めてるなぁ」と感嘆しきりだったのであります。

 譜面はビギナーシングルに何かしらのCUTをかけてるのかな?それでもめまぐるしく変化するBPMに小生ならまずこの曲でパフォしようとは思えませんよ・・・。

 見どころは0:31~0:37。ぎゅうーんとBPMが一気に速くなってがしゃーんで崩れるように両膝ついて一気にスクッて立ち上がるところ。0:48~0:53にかけてのターン3連発のバランス感覚もお見事です。

 1:00あたりで曲調が妖しげに変化して再びアニメーション。矢印への対応も及第点。そして1:19~1:28では今度はロッキン!ていうかまた難しいテンポのとこでロッキンブチ込んできましたね!w 確かに音自体はキビキビしてましたけどw

 引き続いて衣装チェンジ!まずは袖を着脱してターンしながらベストを脱ぎ捨ててます。振りの流れ崩さず脱衣完了しようという意思が見えました。

 最後は膝をついてからうつ伏せにダイブでフィニッシュ。最後はちょっとコミカルに。遊び心というかサービス精神を感じました。

 と言う訳で、判定的にはFAILEDだったりしましたが、これまでのシーマさんのパフォからすると圧倒的に色々やろうとする攻めっ気と野心がビンビン伝わりました。PSSPに対する本気度の高さ。この熱量はもっと評価されるべき!と切に願うDDRパフォオタク40歳の秋の夜長でありました。

 

 

 

12.jax-7

www.youtube.com

・8.181点

・9.5点~5.0点

・全体7位、シングル5位

 おなじみアイカツおじさんです。

 jax氏が今回PSSPに持ってきたパフォは・・・・・・

 「なごパフォ8」で高評価かっさらった「Pluto」でしたー!うん!こりゃPSSPの客層には刺さるわ!w 今回のギャラリーに一番喜んでもらえるパフォを持ってきてくれました。マーケティングとして実に正しいですね。

 まぁ以前にも披露したネタですから、自分の以前のパフォ感想文を見れば楽勝で書けると思ったんですが、俺そもそも「なごパフォ8」の感想文書いてなかったわって今更気付きました。自滅

 と言う訳で冒頭。画面見て普通に踏んでからの0:23で反転。今回矢印の色がNOTEなんで初めてくる青矢印でピッと振り向くのがかっこいいですね。

 そっからは曲の停止で遊びまくり。0:26、0:31、0:36と全部イイからほんとにもう。で0:38の2P側→1P側へのワープ!

 0:48あたり、BPMがおっそいせいでもあるんですけど譜面の密度が濃い!画面から来る圧がすごいですw で0:53でピシッ!て動き止まるんですけど、ここ画面も停止してるんですよね。なので動画で見ててもここだけ完全に世界が停止しててヤバイです痺れます。

 0:56から曲調と共に動きも一気に激しくなります。ベビーシッターにウィッチウェイ、1:08でジャンプ、1:12では、「なごパフォ8」の時はトゥエル巻いてロックだったんですけど今回はダブルピースでギャラリーアピール。お茶目になったアイカツおじさんです。

 こっから激しくもなり細かい停止もありますが全部拾ってきますねこのおじさん。エグイです。からの1:33~1:34の3連振り向きでギャラリーのボルテージも最高潮に。最後は感謝のお辞儀で締めました。

 いやー!2年ぶりに生で見たけどやっばいわ!語彙力乏しくなるくらいにはヤバイですねホント。こんなに不規則で停止だらけの曲で出来るならもうどんな曲でもLOCKイケるんじゃないの?と素人ながらには思ってしまいます。

 「Pluto」でロッキンキメようという着眼点と、それを叶えた技術と努力と情熱。脱毛脱帽です。

 

 

 

 ・・・と言う訳で今回はここまで。週一更新が定着してきました。

 今日は気合を入れて、ブログを書きながら、

f:id:yamaoka_shilaw:20180917014108j:plain

 モンエナボトル2本空けてしまいました

 体に悪いって分かってんだけどね・・・ついつい・・・。カフェインと糖分のオーバードーズ甚だしいからね。よいこはマネしちゃダメ絶対。ではまた。

 

 

 

まったりとPSSP2018感想文その2

f:id:yamaoka_shilaw:20180909151102p:plain

 いやー、やりましたね!大坂なおみ選手!日本人初のテニス四大大会シングルス優勝!しかもあこがれのセリーナを下しての優勝!すばらしい!「ハーフじゃん」とか「肌の色が違う」とか「日本とアメリカ両方の国籍持ってるよね」とか「日本語ほとんどしゃべれないよね」とか文句言ってるやつ、みんな死ね!めでたいことに水差すな!

 とまぁ、冒頭から穏やかではない発言からスタートしました。それだけ興奮してますし、僕の人間性は浅いんです。お分かり頂いたところで、前回の続き、PSSP感想文へと参りましよう。

 

 

5.ネギマ

www.youtube.com

・8.200点

・9.6点~6.5点

・全体6位、シングル4位

 

 語弊のある言い方ですが、ネギマ君のパフォは地味です。アクロバットな技を見せる訳ではないし、派手なアイテムを使う訳でもありません。

 しかし、この「地味」が強い

 オーバーなアクションが少ない分、細かい動きが笑いを誘い、クセになります。よく見ると、体のバランスがいい、軸が安定してる、表情がメリハリ利いている、足さばきがテクい、でもそれらの技術をドヤって押し出しては来ないんです。必死感が表に現れてないので見ていて余裕を感じます、なので見る者を引かせる事無く惹きつけています。

 この余裕から生まれる空気感と、曲の力強さが独特の世界観を醸し出しています

 ネギマ君は選曲も個性的で、他の人があんまり選びたがらないBPMの速い曲をよく選んでいます。PSSP2010が「ΔMAX」でBPM100~573、PSSP2011が「New Decade」でBPM100~400、PSSP2014が「PARANOiA Revolution」でBPM180~360、で今回が「New Century」でBPM98~195・・・。速い!速いよ!普通に踏むだけでも大変だよ!でもきっちり暗譜してしっかり踏んでくるんだもんなぁ・・・。

 

 フットパネルへのアクセスも精度が高く、実に安定しています。いつもダブル譜面なんですが今回はばっちりフルコンボ。スキがありません。

 前回の「PSSP2014」では、それまでのPSSPで披露されたパフォのオマージュを散りばめたまつきっく方式のパフォでしたが、やりたいことが溢れ出て消化しきれず細部の精度とFAILED判定のせいで採点結果は伸び悩みました。

 そういう意味では今回の芸風こそが真骨頂。This is ネギマ君です。DDRを正確に踏む強さ、要所要所で映える動きと振り。減点要素の少ない防御力に特化したパフォなんです。その証拠に、採点結果を見ると最高点と最低点が3.1点しか開いてなくて、これはシングル優勝のりりぃさんに次ぐ幅の狭さで、それだけ万人の評価が割れにくいパフォだったと言えるでしょう。

 なかでも0:54~0:57の眼鏡をはずしてやっぱりかけるところは全員メガネ感に溢れてましたし、1:07~1:12では「5678」と故ジャレコをフィーチャーしてきて古参を喜ばせてくれました。しかもここ、歌詞は「1234」で対になってるし譜面が全然あってなくて難しいのにちゃんと踏めてるんだよなぁ・・・・。

(参照:全員メガネ20100417 - YouTubeSteps - 5, 6, 7, 8 - YouTube

 そして今回の一番の見せ所。フトコロからご祝儀袋を取り出し、中に入れてあった100円玉を曲のラストでお辞儀したあとなんとそのまま投入。お賽銭パフォです。20周年の感謝の気持ちを見事に表現してくれました。

 動画最後のがほうさんのリアクションがまたいい味出してます。ギャラリーの最後方の人は100円玉だったのは分かったかな?ご祝儀袋の大きさに対しての100円玉の小っちゃさがまた面白いのですが、ちゃんと伝わったか、それだけが心配です。

 

 パフォ終了後、ネギマ君が言ってました。

 「大会のイベントモードだと、フリープレイ扱いだから、100円投入した時のSEが鳴らないんですよね・・・それがホント悔しくて」

 コイン投入時のSEで悔しがる人、DDR20年目にして初めて現る。

 

 

6.MEGANE

www.youtube.com

・7.262点

・8.9点~5.0点

・全体15位、シングル13位

 

 やっぱりPSSPというのは格別なんですね、今回「俺と言えばこの曲!」みたいな、いわゆる十八番ってやつを持ってきた方が何名もいまして。いずれ後述する満開ちゃんだったりCYBER君だったりハンサム氏だったり。

 で、MEGANE君はと言うと、そりゃもうね、「海神」なわけですよ。

 衣装、と言うよりもはやこれはMEGANE君の海神に対する正装ですね。MEGANE君の振りで特徴的なのが腕を広げてぶんぶん回すように動かすってのがありますが、和装ならではの袂(たもと)がなびいていい雰囲気を出してます。

 0:21のターンがきれいですね。ザ・キレ!って感じで。0:56~1:01のフリーズアローのところ、「なごパフォ7」の時とは振りを変えてきてますね、今回の方が断然いい感じ!1:46~1:51のぐりんぐりんするところも前回より大きくなってます。2:03の腕がピンと伸びてからのぎゅるるんって回すのがかっこいいし矢印もしっかり捉えててすごいです。そこからのシメにうまく繋がってて流れも曲にハマってます。

 とにかく気合に溢れてました。若さとキレとパワーでぐいぐい押してきて、かつ海神の神秘的で荘厳で力強い旋律を全身で表現していました。

 100%、と言うかMEGANE君の「海神」に関してはこれで完成なのでは?と思わされました。

 「もうちょっと緩急があれば・・・」「一本調子で押しすぎ・・・」と言う意見もありましょうが、弾けるパワーにMEGANE君のこの曲に対する特別な思いを受け止めました小生は。

 ツイッター見たらMEGANE君、まだ24歳なのか・・・。身体能力的には油が乗り切る頃ですね。関西のこの世代のトップランナーとしてけん引してほしいものです。

 

7.ジョンソン

www.youtube.com

・4.200点

・8.0点~1.0点

・全体38位(ドベ)、シングル31位(最下位)

 

 PSSPと言う頂上決戦に颯爽と現れた鈍色の死兆星。愛知が生んだ天災天才ジョンソン君です。最下位おめでとう

 そう、最下位なんですよ。FAILEDしてない、ちゃんとクリアしてるのにドベ。一周回ってこれは立派な事です。

 りりぃさんがMEGANEペンニーの放送で「ただ、下手くそで振り付けゼロで棒立ちだったとしても簡単には最下位になれないよ マジで」と仰ってましたがまさしくその通りだと思います。 言うなれば、最下位力が抜きんでていました

 わたくし、今年の5月に行われましたアム茶大会の講評でも書いたんですけど、

f:id:yamaoka_shilaw:20180909185724p:plain

この、「何かしでかしそうで~」ってところ、ほんとここが彼のパフォを楽しめるのか、ただ「?」となるのかの分水嶺です。

 常人の発想では思いつかないパフォ、僕(やりりぃさんやPenko氏)は「宇宙系」って呼んでるんですが、ジョンソンとかイナバさんとかみたいな宇宙系、貴重な人材なんです。業界全体で保護していきたい。 僕(やりりぃさんやPenko氏や枝豆雑炊さん)はこれまでに沢山パフォを見てきて精神がヤラれてしまっていますので、この宇宙系が大好物になってしまいました。

 ちなみにこの宇宙系を好きになれるかどうかを判別する「HUNTER×HUNTER」の「水見式」みたいなパフォがありまして。まぁ「火雪シャイニー」って言うんですけど。(PSSP2011 火雪 - YouTube

 

 火雪シャイニーを見て何も感じない方、今回はご縁がなかったということで誠に申し訳ございませんが。逆にビンビンに心揺さぶられた方々、将来有望(←?)です。

 さて、話を戻しましてジョンソンなんですが。先ほどの「火雪式」で反応を示された諸兄にはとても面白く感じるはずです。

 まず、安定の難易度足1の曲を選択。山岡はもう既にここで笑ってしまってますが。知らんのやけど「Will」のビギナーシングルってこんなに簡単やったっけ?左右しか矢印降ってきてへんやんけ!w CUTかなんか入れてるのかしら。

 のっけから0:20くらいまで、おとなし~く背中向けて踏んで、イントロ終わりと同時にぴょいんとジャンプして振り向いて、さすればサングラスに描かれた「PSSP」の文字!!パフォの構成としては正解じゃないですか。でもね、でもなんです。

 ジョンソンはその振りむく時の大事な大事な0:22の左右同時踏みの矢印を何故か華麗にジャンプして踏んでないんです!それまで画面見てたのに!タイミング測れてるはずなのに!まるでショックアローだったかのように!

 強烈な先制パンチにもう僕はテクニカルノックアウトでも良かったのですが、ジョンソン君は攻め手を休めてくれません。

 0:26~0:31のキレのない謎の手の動き。見る者をエナジードレインしてきます。更にそこからグラウンド技に移行します。時折降ってくる矢印を手で押したかと思えば、0:37の左右同時押しはしっかり狙いすまして華麗にMISSります

 0:40~0:47はピースを連発するだけの簡単なお仕事です。矢印も右か左かにたまにしか来ないので基本ずっと四分で左右同時踏みをぴょんぴょんしてるだけで何も心配はいりません。

 そして0:48では手でおおきく輪っかにしてマルを描きます。まるで「オッケー」とでも言わんばかりに。いったい何が「オッケー」なのでしょうか。1ミリも分かりません

 0:53からは再びグラウンド技です。でも油断してはいけません。0:57では我々の期待をあざ笑うかのように手で押しに行こうとして行きません。

 1:01からは突然棒立ちになり不安感を煽ってきます。電池切れかしら?そして間奏部分ではおもむろに画面を向きますが全く矢印は降ってきません。なんで画面見たの・・・?

 さあここからがクライマックスです。フットパネル下においてあったコーラを取り出します。初見の方々意図が分からないでしょうすいません。しかしジョンソンにとっての聖剣エクスカリバーの登場です。

 振ります。ぴょんぴょんしながらコーラを振ります。「フタが開いてこぼれたらどうするんだ」という運営の緊張が動画の枠越しに伝わってくるようです。

 そんな緊張を更にジョンソンは弄んできます。1:25ではそのフタをなんと開けるフリをします。悪魔の所業です。まぁ実際は左手から右手に持ち替えただけなんでしょうけど。

 このへんから一部の好事家たちの掛け声がヒートアップしていて会場は興奮のるつぼです。多分。そして1:31からコーラをバットに見立ててスイングスイング。「だからフタが開いてこぼれたら」という運営の以下略です。しかも右に左にとジョンソンがスイッチヒッターだったことも判明しました。

 最後に1:49、魂を燃やし尽くしたジョンソンは寝転がり絶命します。ハリウッド映画化決定です。

 

 どうでしょうか。小生のジョンソン愛が伝わりましたでしょうか。彼、これでも真面目にパフォ考えて出てきたんです。で、最下位って結果にちょっとガチで落ち込んでるんです。どうです?かわいいでしょう?めっちゃいいやつなんで今後とも皆様宜しくお願いします。

 それでも。それでもジョンソンのパフォ意味不明だしつまらんわーって方。もしいらっしゃいましたらこれだけは言っておきますね。

 こいつ、コレやるために愛知から新幹線乗って東京まで来たんですよ。

 ・・・ね?面白いでしょ?

 

 ところで、今回の審査結果をみてたんですけど、審査員Mさんが、ジョンソンに「8点」という高得点を付けてるんですよ。しかもよーく見るとその方、電撃まつきっくには7.8点を付けてるんです!

 すごい!ジョンソンがまつきっくより高評価!!僕もジョンソン大好きですが流石にまつきっくより高い点数は絶対付けません

 どこのどなたかは存じませんが審査員Mさん、貴方とは旨い酒が呑めそうです!!

 

 

 

 

8.揚げ出し豆腐

www.youtube.com

・6.895点

・8.6点~3.2点

・全体18位、シングル16位

 「なごパフォ7」で新人賞を獲得して以来、着実に経験を積んできた揚げ出しさん。実に正統派で、若手のホープと言えましょう。

 今回の曲はボカロ曲、「エイリアンエイリアン」です。いずれ後述するさぼんさんと曲が被ってしまったのは痛恨の極みですが、歌詞を丁寧に汲み取った振り付けの良パフォです。

 冒頭はこれ、ピンクレディーの「UFO」のオマージュですね。これは素晴らしい引用。宇宙っぽい世界観がマッチしてますし、あと作曲したナユタン星人さんの楽曲って音は電子っぽいんですけどコードとかメロディとかがどこか昭和を感じさせて、そういった意味でもリンクしていてニヤリとさせられます。

 0:12~0:18は、PV通りのキュートな振りです。やっぱ「エイリアンエイリアン」でパフォするならこの振りはマストだよね。

 個人的にニコニコ動画をよく見るのですが、その踊ってみたタグで活躍されているいりぽん先生振付の「エイリアンエイリアン踊ってみた」のサビもコレですね(エイリアンエイリアン 踊ってみた 【オリジナル振り付け】 - ニコニコ動画)。このあとも何度か出てきますが小悪魔感があってかわいいです。

 0:28の「ココロは」でスムーズにじゃなくリズムに合わせてハートを指で描くところがニクイですね。とにかく細かいところがいいんですよ揚げ出しさんは。0:40の「制服」にあわせてスカートの端つまんで見せて制服アピールするところとか。0:44~0:46の「眼光赤色にキラキラ」のところの振付とか歌詞ぴったんこで。

 0:51~0:56の手をくるくる回してから指さすとこがまた小悪魔感が出ていていいですね(2回目)。1:02の「パンパン」も逃さず手拍子入れてくるし。1:04の「引力で」で地引網を手繰り寄せるような動きで引力を表現しています。

 からの1:07~1:08「トキメキ」の振りが可愛くて、またまた小悪魔感に溢れています(3回目)。そして1:23の手を前に出したあとゆっくりフェードアウトするように引いていくところがメロディと調和していて上手いです。

 1:28~1:31では見事に歌詞通り。「点灯と消灯を繰り返している蛍光灯」を表現してますね。

 1:55から大サビ、一気に振りがオーバーなくらい元気になってます。パフォ構成点としても評価できますが、更に「高鳴る気持ちが抑えられない」って歌詞ともハマってるんですよね!うまい!この小悪魔め!(4回目

 

 この曲のビギナーシングル譜面って、矢印すごい少なくて、ともすれば動きの少ないおとなしめのパフォになるきらいもあるのですが、キュートで味わい深い通好みなパフォに仕上げてくれました。

 

 揚げ出し豆腐さんのパフォはどれもよく考えられていて見どころいっぱいです。気になった方は是非是非枝豆雑炊さんの上げてる揚げ出しさん動画をいっぱい見ましょう!そうして再生数を増やして揚げ出しさんよりも枝豆さんを喜ばしてあげてください!w

 

 

 

 ・・・と言う訳で、今回はこの辺で。こんな調子で4人ずつくらいで書いていくと思います。

 しかし、ジョンソンのせいで思わぬ長文になっちゃった。おのれー、ジョンソン、年末の大阪アムパフォ大会絶対来いよこの野郎(期待)。

 

 

まったりとPSSP2018感想文その1

 いやぁレベル高いしバラエティにも富んでてさすがのPSSPでしたね。山岡死LAWです。

 毎度言ってるんですが、最速で動画をUPしてくださる枝豆雑炊さんに感謝しながら、PSSPパフォレポを始めたいと思います。

 今回の感想文のテーマはまったりと。ゆるゆるとした頻度でのんびり完走目指して書いていきます。予防線を張るのに必死です。

 

 

1 YUN

www.youtube.com

・5.571点

・8.5点~1.5点

・全体30位 シングル25位

 

 言い忘れてました、動画の下に採点結果、最高点最低点、順位を記載していきます。

トップバッターは岐阜の宇宙系パフォーマー、YUNさん。

 実年齢を知らない人は聞いてびっくりするんじゃないかな。勝手に公表するのもはばかられるかなと思いますが、アラフィフでこんだけ動けるのは勇気と希望をもらえます。

 PSSPの仕様として、披露順はランダムで直前に発表というのがありまして。小道具過多のYUNさんの心中お察し申し上げます。

 YUNさんの場合もはや「設営」と言えるくらい準備を要するパフォも多く、今回もネタを捌く為の工夫が見られました。

 2P側に小道具を投げ捨てたり拾ったりするためのボックス。事前のネタバレを防ぐ為にギャラリーから見えないよう箱に入れる必要があるんですよ我々には(笑)。あとバーにカゴひっつけてバス入れるとか。扇子引っ掛けるための筒をバーにつけるとか。とにかく地形効果を全力で活用しながらなんとかこなしていきます。

 0:35あたりで事故がおきてますねw まさかの扇子に引っかかってバスが転落。割と大きい音で「ガタン!」っつってて笑いを生んでます。いいんだ、トラブルも小道具のうちさ。

 あとYUNさんといえば大体なにかエモノを振り回す系のパフォが多いですよね。剣だったり扇子だったり。振り回し勢。YUNさん自身が小柄なので動きを大きく見せるメリットがありますね。ただし危険行為と隣り合わせと言う諸刃の剣(苦笑)。

 いつぞやYUNさんのmixiでオモチャのチェーンソーを持って筐体でパフォする写真が上がってましたがあの辺がボーダーラインでしょうかw

 YUNさんの衣装がまたいいですね。チルノをイメージした水色ベースで、真ん中の柄がちゃんと矢印になってるんですよね。自作なのかな?

 1:21でペットボトルを見事にボックスに投げ入れてたり、傘のくるくるがきれいだったり、1:46の「ゆっくりしていってね」でおじきしてバーに頭ぶつけて失神とか、構想と練習の質の高さを垣間見ました。

 のっけから「ばーかばーか!」の大合唱で盛り上がりました。トップバッターの大役お疲れ様でした!!

 

 

 

2 青山ひろし

www.youtube.com

・6.838点

・9点~4点

・全体21位 シングル19位

 

 来ましたよ。エンディミオンですよ。エンディミオンでパフォですよ。ベーシックでこんなに矢印多いのかよ・・・。

 突き詰めて考えれば青山君の武器は暗譜能力と踏む能力です。自分の長所を最大限にPSSPで活かすとなれば、この曲になるのは必然だったのでしょう。

 いや、それでもですよ。エンディミオンでパフォ出場しようとは思わんのですよ。普通。大抵の人はその高難度の前に挫折し、または端から諦めますよ。

 数多の艱難辛苦を乗り越えて。背面で披露した青山君。その努力いかほどだったのでしょう、山岡には知る術がございません。

 動画で見ても1:30くらいまでは繋がってるんですよねぇ・・・怖っ。実質ミスは2か所くらいかしら?そしてA+。

 ちゃんとパフォになってるんだよなぁ。転調ところでターン入れて動きの流れをリセットしてたり。正直この譜面なら、棒立ち背面で踏むだけでもそこそこ盛り上がったのではとも思えるのにw

 

 ENDYMIONから逃げなかった青山君の努力は結実し、ENDYMIONを味方にすらしましたとさ。めでたしめでたし。

 なお、山岡は解禁すらしてません(白目

 

 

 

3 只野梵人

www.youtube.com

・7.595点

・9.3点~5.0点

・全体13位 シングル11位

 

 青山君と順番が続いてしまったのは逆風なのかなと思ったんですけど、杞憂でしたね。ベテランの風格が漂い始めているボンちゃんです。

 甚平が曲とマッチしつつ季節感も合っていていいですね。余談ですが作務衣と甚平の違いって何じゃらほい?と思ってググってみたら、構造的にちょっと違うのと、作務衣はオールシーズン、甚平は主に夏に着用されるらしいですね。

 和風の曲でのパフォはなごパフォ5で披露した「雪月花」以来かな?でも当時より衣装も振り付けも進化していて震えます。

 0:13あたりからの腕を開いて上下に動かすのが歌舞伎っぽくていいですね。下がったの腕の方でリズム刻んでるのがかわいいw

 0:39あたりの頭上で腕をクロスしてキュッキュッキュウッっておろしてくるところがまたかわいいw そこからの盆踊りと言うか阿波踊りと言うか和なテイストが出ててまたそれがいいですね。

 1:30から最後のシメまでの流れ、実に正解だったと思います。ボンちゃんのいつものわちゃわちゃっとしたトゥエルもどきとTSUGARUにマッチした和の動きがうまく組み合わさった良作と言えるでしょう。

 

 エンディミオンに挑戦した青山君の方が、パフォにかける気概は勝っていますが、パフォとしての作品性としてはボンちゃんに軍配が上がる、かな。その辺が点数にも繋がったと推測します。

 パフォ終わった直後のガッツポーズ。あんな嬉しそうなボンちゃん初めて見ましたw

 間違いなく、努力の勝利ですね

 

 

 

4 Penko

www.youtube.com

・8.971点

・10.0点~6.5点

・全体3位 シングル2位

 

 おかあさんになっても強さはそのまま、Penko氏です。りりぃさんには大変申し訳ないのですが、今大会山岡の中ではぺんこ氏がシングル部門優勝ですwww

 冒頭、首の動きだけで静かに入ります、足をバタバタさせずにきっちり判定は取っていきます。テクい。

 0:22あたりからの歌詞に合わせた腕の動き。指先までピンと伸びててすごくキレイ。

 0:30あたりも足先まで伸び切りながら右矢印を細かな動きで捉えています。うまい。

 からの。0:35のY字バランスです。歌詞通りしっかり止まってます。安定してるなぁ。そこから振りがしっかり入って0:49の歌詞ハメ側転!一気にギャラリーが沸いています!

 

 この「幸せになれる隠しコマンドがあるらしい」というのはいわゆるボカロ曲でして、この曲を作ったうたたPの作風として、ダークで狂気をはらんだ世界観というのが共通してあるんですね。

 そういった狂気具合が、0:50~のブリッジしながらチョコチョコ移動して譜面取る気持ち悪さだったり、1:04の「ちょっと間違えないでください」のところの顔芸でよく表現されてます。更にはZOZOスーツの幾何学的な模様が異質感を醸し出してますし、PVがほぼモノトーンなのでそことも調和してるんですよねぇ・・・。

 1:20あたりの「回転反転一回転」のところで頭ぐりんぐりんして結わえてた髪がほどけてさらに怖さパワーアップ(笑)。

 1:26あたりのしゃがんでるところは膝でパネル押してるのかな?色ちゃんが邪魔で見えん!(笑)そして1:30の倒立でフリーズだって判定とっちゃうよみたいな。

 トドメに最後は「リセット」で開脚前屈のベターッでフィニッシュです。ぺんこ氏の柔軟性と身体能力が100%発揮された傑作でした。

 これまでぺんこ氏は、独身時代女性らしい可愛らしさを見せてくれて、結婚してからのPSSP2014の「Habibe」では女性らしいセクシーさを見せてくれて。

 そして出産されて母として挑んだPSSP2018では、良い意味で狂ってくれましたwww 女性は母になると強くなるんだなぁ(遠い目

 将来ぺんこベビーが大きくなってこの「隠しコマンド」をどんな感情で見るのかすごく楽しみです(笑) 今どきの子供はiPadとかすぐ操るようになるからな。覚悟しとけー

 感想文書きながらYouTube見てたんですが、ぺんこ氏のブリッジしてるところが動画的にハイライトでした。

f:id:yamaoka_shilaw:20180902135553j:plain

美しい

 色ちゃんの頭がブリッジの中にきれいに収められていますコントラストも美しい・・・芸術・・・・。

 

 

 

 それでは今回はこの辺で。次回更新は未定!未定だからな